ブログBLOG

CATEGORY

めでたいご報告

皆さまこんにちは!
全国的に不安定なお天気が続いていますね。七戸町では思っていたよりも気温が高く、雨まじりの雪が降ったり止んだり…このまま春になりそうなお天気です。
そんな中、先週末に弊社のスタッフ数名が北海道へ行ってきました!目的は、弊社の大工N君の結婚式です。ここはもう春の陽気ですね~


社長も、ずっと緊張していた祝辞が無事に終わりホッと一息!
↑ご覧くださいこの笑顔(笑)
N君はいつも笑顔でまわりの雰囲気を和ませてくれます。仕事にも真剣に向き合い、向上心もあります。結婚して、ますます活躍してくれることを願っていますよ~!お見せすることはできないのですが、奥様はとっても美人さん!うらやましい限りです。N君から幸せをおすそ分けしてもらい、私も頑張りま~す

我慢ができずに…現場へ!の巻き

「うふふふ…」
誰かがニヤニヤ近づいてくる…

あ、社長です。
何やらご機嫌のご様子、一体何があったのか?
実は社長、とうとう我慢が出来なくなったようで、先日よりブログでも登場している温度計を持参して現場巡りをしてきたようです♪何度も現場には行っているので暖かさは体感はしていたものの、実際は何度あるんだろう…そんな思いでモヤモヤそわそわしていたのです。

弊社は社員大工のため、現場作業が終わると毎日会社に戻ってきます。
そこで今日の作業の進行状況・翌日の打合せなどをして帰宅します。
「300mmの現場はとにかく温かくて仕事がはかどるよ~」現場に入っている大工さんが口にします。
言ったが最後、社長の300mm断熱への熱い熱い熱い想いをずっと聞くはめになります。
誤解の無いようにしたいのは、大工さんたちはそんな話を聞きたくないわけではなく、「何度も」聞いているのです(笑)
「もう聞いたよその話…」なんて言える大工さんはなかなかいませんので、結局社長の熱がおさまるまで聞くことになります。

そんな熱い想いが積もりに積もり、温度計を片手に現場に出かけて行ったのであります。
そんな社長が撮ってきた八戸のお家の室内温度はこちら。55坪のお家です。


2階は18.3℃!!!


1階は18.0℃です!!!


大工さんもこの笑顔。
こんなお茶目な大工さんは弊社の自慢の大工さん!(もちろん皆自慢です)
訓練校では指導員をしておりますよ~
今は、こんなに難しいフローリングを張ってくれています。


ヘリンボーンという張り方なのですが、ご覧のとおりジグザグしてます…。
見ただけでも私はやりたくないな、と思ってしまうそんなフローリング。
それでも、「腕がなるよ~」なんてかっこいいお言葉!頼もしいですね!


仕上がりがとっても楽しみです。

ところで…中は暖かいけど外気温はどうなんでしょう?


さむっ!
そりゃそうですよね、1月も後半です。

何度もブログでもお伝えしているのですが、この暖かさを是非体感していただきたい!
工事中の今だからこそより実感していただけると考えています。
暖房がついたら大体のお家は暖かくなりますからね~。
興味のある方はお気軽にお問合せくださいね!ちなみにこちらのお家は完成見学会を予定しております。完成前と完成後の違いも、体感していただきたいポイントです

見えないものが見えるって素晴らしい!!

明けましておめでとうございます
最近ちょくちょくブログに出てくる現場担当Sです
本年もよろしくお願いいたします!

断熱気密が良いとどう変わるのか?
断熱気密と言われても目に見えないとなかなかわからないものです

そこで今回はサーモカメラと言って物の表面温度を撮影できるカメラを使って、見えないものが目に見えてわかるものをお伝えいたします!!

白くなっている部分が表面温度が高く、赤>黄>緑>青になっていくほど表面温度は低いです。つまり外壁などの色が青に近いほど熱が漏れていないことがわかります


昨年の見学会でもお見せした物にはなりますが、↑こちらが今私の住んでいる貸家になります。これをサーモカメラで見ると・・・


くっきりと構造材が見えてしまっています
ここから熱が外に伝わっているのがわかりますね…



↑こちらの物件は完成見学会物件になりますが、こちらの物件はというと・・・


中から熱が伝わってないのがわかります
サッシもトリプルガラスとペアではこれだけ違います。

熱橋になりやすい部分(木材と木材の重なりなどで断熱材が入らない場所)なども、外部断熱(付加断熱)200mmで少なくすることができます!

この日、貸家は暖房の設定温度が45℃で回していて、室内温度が21℃
見学会物件の方は35℃設定で回していましたが、室内温度は同じく21℃でした。

同じ場所に建っていて、同じ暖房器具を使っていても、住宅の断熱気密で10℃も暖房の設定温度を下げることができるのです。

青森県の寒い冬に高い暖房費を払って外まで暖めているこの状況・・・
もったいないですねー

この節約できる暖房費分で、住宅の性能を上げることができちゃうのに・・・

詳しく見たい、話しを聞きたいという方はお気軽にお問い合わせください!!

2年点検!

皆さまこんにちは
昨日は青森市のOY様邸の2年点検でした。
アフター担当のみっち~と共にOY様邸へと向かいます。

水まわりをチェックしつつ、室内の建具の調整などをします。(スムーズに開閉ができているか、鍵の開閉に不具合がないかなどをチェック!)
今回は脱衣室の建具を微調整しました。


そして、今回は2年点検ということでクロスコーキングを行いました!
新築当時はキレイに仕上がっていても、木材の収縮などでところどころ隙間が開いてきてしまいます。特に冬場は暖房を点けることで乾燥し、この隙間が広がってきます。
※お引渡しをした年の冬は、まだ木の収縮が考えられるので、コーキングをあえて行わずに2年目までお待ちいただいております。


↑この隙間を埋めていきます


脚立に上り、作業をするみっち~


慣れた手つきでどんどん隙間を埋めていきます。
各部屋をまわり、コーキング終了!

暖房も問題なく運転しているようでホッと一安心です。
皆さまは暖房の不具合など無いでしょうか?いよいよ冬へと向かっていくこの季節、なんだかいつもと違うなぁなど気になることがありましたらみっち~までご連絡ください。

みっち~と定期点検へ。

皆さまこんにちは
今日はNN様邸の定期点検でした。
点検に同行し、みっち~の仕事ぶりを見学(監視!?)してきましたよ~
おなじみの床下点検
和室があるお家では、畳の下に床下点検口を設けることが多いのですが、入るためには畳を一度起こす必要があります 大体は一枚だけ起こすといいのですが、みっち~は場所を間違えて二枚起こすはめに(笑)カンが外れたみっち~です。

床下をぐるっと見てまわり、台車に乗ってごろごろ戻ってきました
問題はなかったようです。

換気システムもチェック!ご主人と一緒にフィルターを掃除しました 夏場は虫なども一緒に入ってくることもあるので、いつもより短いスパンでのお掃除がおすすめですよとアドバイス。

その他水まわりなどもチェックし、水漏れがないかなどを確認し、今度は外へ~♪
玄関ポーチのタイルなどは、叩いてチェック!接着不良などでタイルが浮いていないかなどを確認しますよ 一枚一枚叩いて、問題なし!

最後に、確認のハンコをいただいて終了です。

NN様、本日はお忙しい中お時間をいただきましてありがとうございました 。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

10年点検に行ってきました

皆様こんにちは
今日は、アフター担当のミッチーと一緒にお伺いしたN様邸での様子をお伝えしたいと思います。
N様邸はお引渡しから10年という節目を迎え、今回は「10年点検」を行いました。
(クームでは、お引渡しから3ケ月・6ケ月・1年・2年・3年・5年・10年という単位での定期点検を行っています)


「おじゃまします!」
!? 新築当時と変わらないくらいの美しさです!
とても丁寧に暮らしていらっしゃるのがわかります。見えるところのお掃除はもちろん、換気システムのお掃除などもきちんとされているのだそうです!
ミッチーは、そういった部分以外の、普段なかなか見ることのない部分を中心に点検を行います。

たとえば…

収納の中に隠された天井の点検口。
から…
天井裏をのぞきます
雨漏れや結露などが原因で、シミができていないかなどをチェックします。

「異常な~し!!」


ミッチーお得意の床下です。
立って歩くことができない床下は、寝た状態で台車に乗り、ごろごろと移動しながら点検します。床下などは、お施主様もすみずみまで見ることが難しいため、ミッチーは写真を撮ってどのような状態かを報告します。

「異常な~し!!」


そして、キッチンや水まわりも念入りに点検します。
水漏れがないか、部品が欠損していないか、などを見ています。

「異常な~し!!」

無事に定期点検を終えたミッチーの感想は「お引渡しから1年以内と言ってもおかしくないくらい、全然変わっていないよ!」とのこと。
普段からお手入れをしてくださる、ご家族の皆様のおかげですね!
一部、タイルの目地を補修させていただき、10年点検を終了いたしました。
最後に、定期点検のチェックシートを一緒にご確認いただき、サインをいただきます。

定期的な点検は10年をもって終了となりますが、今後もお電話などで近況をお伺いできればと思います。そのほか、いつでもお気軽にご連絡くださいね。
撮影にも快くご協力いただきましてありがとうございました!
今後とも引き続きよろしくお願いいたします!


素敵なご家族の写真に、「これからも素敵な家づくりを!」と心に誓うスタッフ一同でした!

新宅祭

皆様こんにちは
今日は十和田市のNK様邸で行われた「新宅祭」の様子をお伝えしたいと思います。
NK様邸では無事に工事を終え、お引渡しとなりました。新宅祭では、無事に工事を終えた事への感謝の想いと、これからの家内安全を祈願いたします。


R君は今年の春から小学校一年生になりました。
出会ったころに比べると、ぐっと大人になったように思います。
こうした行事も、大人と同じようにできるようになったんだね~
(なんだか目頭が熱くなってしまいます…じわ~)

とは言え、まだまだ子供ですよ~!
見てください、この姿
新しいお家の中で元気いっぱいに「ハンバ~グ~!!!♪」
ハンバーグ!?ハンバーガーかな!? その発想力がまだまだ子供らしく可愛いですよね。
そんな姿を眺めながら、一人安心するSなのでした。

想いを込めて皆様と一緒に創り上げた宝箱に、元気いっぱいたくさんの思い出を詰め込んでくださいね!


弊社を選んでいただき、NK様とご家族の皆様と一緒に家づくりができたことを、心より感謝申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

3か月後には、弊社のアフター担当ミッチーが、定期点検にお伺いいたします!

ポーセラーツ

皆様こんにちは
今日は、先日「組新聞」の取材をさせていただいたポーセラーツ教室の様子をお伝えしたいと思います♪
ポーセラーツは白い磁器やガラスなどに、好きな柄や色の転写シートを貼って専用の電気炉で焼成するとても楽しいハンドクラフトです。

コチラは、教室内に飾られた作品の数々
プレートからグラス、アロマディフューザーの容器まで、たくさんのアイテムがありテンションも上がってしまいます↑
今回は取材を兼ねて、NとFも体験させていただきました。

こちらが転写シートと呼ばれるものです
色々な柄があり迷います…

使用する転写シートが決まったら、素材にレイアウトしていきます。
Nはスクエアプレート。Fはタイルを素材にしましたよ~


目にもとまらぬ早さで、線を引いていくF

転写シートをデザインした大きさに合わせてカットし、水にさらします。
そうすると水から引き上げたときにするりと台紙が剥がれます。
そして、剥がしたシートを素材に貼り付けていくのです。

が、この作業が難しいのです。
素材とシートの間に入ってしまった気泡を専用のヘラや指で抜いていくのですが、それがなかなかうまくいかず(汗


かなり真剣です

Nはダマスク模様とストライプでエレガントな雰囲気に

Fはグリーンと動物柄を組み合わせ、サファリな雰囲気に

出来上がったこれらを電気炉で焼成します。
下書きの青いペンは焼き付けると消えてしまうのです!とっても不思議!!

後日、完成した作品を受け取りNもFも感動!!
完成した作品は、コンセプトハウスにありますので、探してみてください♪

今回、取材にあたりご協力いただいたのは、三沢市内にあるM's Princess(エムプリ)さんです。
とても親切、丁寧に指導してくださいますので、興味がある方は是非♪

K様、この度は本当にありがとうございました。

大工工事

皆様こんにちは
今日は三沢市のAF様邸から、大工2年目のYくんの仕事ぶりをお伝えしたいと思います。


どうやら、目の前にある板をカットするようですが…
以前もブログでご紹介しておりましたが、彼は認定職業訓練性技能競技大会にて優勝した経歴を持っています。それでも、実際の現場では第一線で活躍!という甘い世界ではありません。親方大工の指導のもと、毎日少しずつ成長しています

基本の掃除から始まり、材料を運んだりできることを少しずつ頑張ってきたY君。
入社当時から見てきた私には、大丈夫かな…と心配な思いと、成長したなぁ…という親心にも似た感情がぐるぐる交錯しています。


上手に切れてますね!!!
ベテランの大工さんたちがいとも簡単に操る道具ですが、一歩間違えると大けがにつながることもあります。とにかくけがには気をつけて、毎日頑張ってほしいと思います。

どんな時でもニコニコ笑顔の彼に、私はいつも癒されています!

金の卵 入校式

こんにちは
四月ももう後半となり、四月から新たな環境に身を置いた方も、少しずつ慣れてきた頃ではないでしょうか?

クームにも今年新たな大工さんが加わり、先輩大工さんたちの指導のもと奮闘しております。
去年に引き続き、今年も職業能力開発校へ入校することとなり、先日入校式を終えましたのでお知らせしたいと思います。


今年入校したのはコチラの二人。フレッシュな二人です
クームの大工さんの平均年齢は40.3歳。これまでも若いなぁと感じていたのですが、この二人が加わることで、平均年齢は37.4歳に!!これからの家づくりを牽引していく若い力に期待です。

そして、昨年入校した在校生のY君は、昨年行われた「認定職業訓練性技能競技大会」に出場し…


見事優勝を手にしました!!頑張ったね~(一番手前がY君です)
仕事を終えた後も、先輩に教わりながら練習を重ねていたようです。

職人不足が深刻な問題になってきている昨今ですが、彼らを見ているとまだまだクームの未来は明るいなと感じるのでした。