ブログBLOG

CATEGORY

パッシブハウスの研修ツアー ~秋田編~

先日、クームのスタッフが秋田と札幌に研修ツアーへ行ってきました。
ツアーの目的はクームの今後の『300mm断熱・パッシブハウス』を造るための視察です。研修から帰ってきたスタッフに聞いた話をお伝えいたします!長編になりますので、秋田編と札幌編に分けてご紹介したいと思います♪まずは秋田編から

秋田では、有限会社もるくす建築社の佐藤代表にご自宅を案内していただきました。
外壁材に県産材である杉板を使用しています。現在、パッシブハウス認定を申請中とのこと!

ここでひとつ。「パッシブハウス」というのを皆様ご存じでしょうか?高気密・高断熱住宅というのは今までにもお伝えしてきたのですが、自然の恵みを最大限に活用してエネルギー消費を抑えた『燃費の良い家』がパッシブハウス。
それには太陽の力が必要不可欠なのですが、太陽の力と言うと思い付くのは太陽光発電ですよね。それもひとつあるのですが、パッシブハウスでは冬の暖房代わりにも太陽光を利用します。南面に大きな窓をつけてそこからの日射取得でお家を暖めるのです。それじゃあ夏は暑いのでは?と思ってしまいますが、太陽の高度は夏と冬では違うので(夏は高く冬は低くなります)夏は庇(ひさし)で太陽光を遮られるように長さや形状を設計します。燃費が良く、環境にも良く、デザインも良く長持ちする。そんなハイブリッドな家がパッシブハウスです。

佐藤代表のご自宅では照明や家電などで使用する電気はソーラーで発電、暖房は日射取得をメインにしています。石やブロックに熱を蓄熱出来る構造も設けているそうです。


調理のためのコンロも薪仕様です。給湯はオリジナルの集熱コレクターでまかなうのだそうです。


細かな収まりの美しさに「計算しつくされた数々の収まりに見とれました!」とは社長談。



今後の参考になった!という収まりと、道具だそうです。インテリア担当の私には「?」なのですが、後で詳しく聞きたいと思います!



今回のツアーで感じたこと、これからやるべきことは?と、スタッフに聞いてみました。
「まずは今ある自社のノウハウを整理!それから研修で学んだことを活かしてデータ(実績)を積み上げれば、性能を上げてもイニシャルコストを抑えたいい家ができると思います!それから、もっともっと勉強をする事、計算数値・情報だけに頼らず自ら計算・体感をして実行する事!!」とのこと。

松岡修造さんばりのやる気がみなぎっておりました!これからの家づくりがさらに楽しみになりました♪

最後になりましたが、今回のツアーにあたりご配慮くださいました佐藤代表には、心より御礼申し上げます。

イカ箱のご報告

こんにちは
前回のブログでもご紹介していた、先週末行われた『サスティナブルなインテリアデザインを考える展』。
無事に終了いたしました。

遠方にもかかわらず、クームスタッフや友人が駆けつけてくれました。本当にありがとうございました!

私は子供部屋を担当し、イカ箱でお子様用のワードローブとおままごと用のドレッサーをつくったのですが…

こんな雰囲気に仕上がりました

ワードローブは閉めるとこのようになっています。
左のほうの床に置いてあるのがドレッサーで、フタを閉めるとトランクのように持ち運べるようになっています♪

他の皆様の作品も素晴らしく、皆様のアイデアやセンスを盗みながら、コーディネーターとしてますます頑張っていかなければ!と思った企画展でした。

イカ箱で家具づくり

こんにちは
今日は企画展のご案内です。

何の企画展かと言いますと。クームのインテリアコーディネーターNも所属している、<あおもりインテリアコーディネーター倶楽部>主催の『サスティナブルなインテリアデザインを考える展』です。

企画展のコンセプトはサスティナブルデザイン(=持続可能なの意。再利用素材を使うなど、環境に配慮したデザイン)
今回は青森の暮らしの中で使い続けられている『りんご箱』と『イカ箱』を利用し、家具やオブジェをつくろう!という企画です♪

会場を一軒の家と考え、玄関やリビング、寝室などのブースに分けてそれぞれのシーンで利用する家具やオブジェを展示しています。

わたくしNは子供部屋を担当。
皆様のご協力もあり、なんとかカタチにできました!

企画展は11/7(土)11:00~17:00、8(日)11:00~15:00、青森市の新町キューブグランパレで開催いたしております。入場無料となっておりますので、お時間がありましたら是非会場まで足をお運びください。