PROJECT

輪 -WA-

輪 -WA-

十和田市

輪 -WA-

建て方始まりました

先週末に土台敷きがあり、今週は建て方が始まりました!


↓手前に他よりも長い柱がありますが、これは通し柱(とおしばしら)と言います。


土台から屋根まで届く1本の長い柱です。
この通し柱を2階の床位置で固定することで、1階と2階を構造的につなぎ合わせることができます。
(とは言っても、木を固定する方法は色々あるので、設計によっては通し柱がない構造もあります)


1階の柱と2階の床下地が組み上がったら、2階の床に構造用合板と張っていきます。
建て方中はお天気との勝負なので、スピーディに進めていきますよ!

加工場での作業

建て方は他の物件を優先させているので、もうちょっと先!
今は加工場で木材の加工をしています。


↑は構造用合板に電動のやすりを掛けているところです。
↓一番上の合板がその下よりも白っぽくなっていますね。


構造用合板というのは、家の骨格である壁や床、屋根などに使われる、頑丈な板です。
1枚ずつ○○工場産というように印字がしてあるんですよ(*'ω'*)

ふつうは仕上げ材を張るので隠れるマークなんですが、あえて構造材を見えるように仕上げる場合は、結構気になるのですこれが…。
(産地のシールのついたまま果物が食卓に並んだイメージ…)
ということで、表面のマークをキレイに削ってあげる作業をしています。


↑こちらは木材の表面を平らに整える、プレーナーという機械を使っています。
木材の表面って、思った以上に毛羽立ちやささくれがあります。
仕上げでも表に見える、インテリアに影響する部分なので、キレイに仕上げていきます!

敷地への入り口

大工さん待ちの間、外構工事に取り掛かっています。


敷地に入るまでの通路をコンクリート舗装する工事です。
型枠・鉄筋組みと、駐車スペースの土間と同じように作っていきますよ。


だいぶながーい土間ですが、職人さん達は手際よく均してくれます!

土間の配筋中

先週末ですが、玄関の中の土間配筋をしていました。
前回ご紹介した斜めになっている所です!


この土間の中には暖房用のチューブも配置されます。
玄関に靴を置いておけば、雨や雪で濡れた靴が翌朝には乾いてたら嬉しいですよね(*^▽^*)


↓こちらは坪庭になる予定の場所。


今は工事用の土のままですが、建物工事が終わったころに黒土を入れて植栽を植えてあげます。

基礎の中の必須アイテム

前回の日誌のすぐあと、基礎下の断熱材敷き、鉄筋組みが行われました。
翌日には土間部分の生コン打ちも!



基礎の立ち上がり部分と土間部分と2回に分けて生コンを打設(打ち継ぎ、と言います)するので、つなぎ目部分ができます。
そこから水やアリが浸入してこないように、間には止水プレートという鋼板でできた部材を入れてあげます。


↑厚さが0.4mmの薄い板です。
イメージとしてはとても薄くて長~い金属製の定規を、コンクリートに半分埋め込んだ感じ。
この上からコンクリートを打ち継ぐことで、プレートが隙間をシャットアウトしてくれます。



その後も基礎工事は続き、立上り部分の打設も行いました。
玄関の中の土間が斜めになるので、型枠も斜めになってます!