PROJECT

すみずみまでの家

すみずみまでの家

八戸市

すみずみまでの家

外構工事

ついこの前、ウッドフェンスの取付が終わって、駐車スペースの土間工事を行いました。


生コンクリートが跳ねてしまうので養生をしてから流し込みます。


コンクリートが満遍なく、行き渡ったらコテで押さえていきます。


↓こんな風に沈まないように足場を作って作業するんですよ(・∀・)


コテで押さえたら、ブラシで一方向に刷毛目を付けます。
ザラザラして見えますが、表面に細かい溝を作って水が流れやすいようにしているんですね。
土間に水たまりを作りにくくする工夫です。


終わればこの通り!


今は養生中です~。

ウッドフェンスの加工中

今日は加工場で大工さんがウッドフェンスの加工をしていました。


この長ーい材料はウッドフェンスの水平方向の部材です。
仕上げの塗装はしますが、今回はペンキ塗りのように木目をつぶすがっちり塗装はしません。
木の経年変化していく表情を出したいので、そういう仕上げをするのですが、雨に当たって乾いてを繰り返すうち毛羽立ってきます。


角は特に毛羽立ちやすいので、今回は面取りすることにしました。
角が斜めになっているのがわかるでしょうか?
(ガサガサでもワイルドでかっこいいのです~! 塗装で色をつけてあげれば、樹皮のごつごつした大きな木を切り出したような雰囲気になります。ここらへんは好みとお家のデザインに合わせて加工の仕方を変えています)

既製品のフェンスとは違って、色々な表情を選べるのがオリジナルフェンスのいい所ですね(*^▽^*)

クリーニングに行ってきました

今日は内勤スタッフ数名で1回目のクリーニング検査に行ってきました!
床と壁の境目にある幅木や棚の裏側など、ふだんはなかなか掃除しないような所もチェックしていきます。


↑は掃除が終わった後。
左右の壁に貼ってある木材は屋久島地杉です~(*‘∀‘)
木の表情が強いですが、壁紙が白+床材と色味があっているので、浮くことがなくアクセントになっています。


↑こちらは2階。
フリースペースが吹抜に面しているので、とっても広く感じます。

***

このあとは、外構工事とカーテン付けが待っています!

木目の存在感!

大工さんの造作が一段落しました。
↓はテレビボードとその背面です。木の木目がすごいΣ(・ω・ノ)ノ!


壁のパネルはウッドデッキの材料にも使っている屋久島地杉を使っています。
※屋久杉は特別天然記念物なので使えませんが、同じ杉を屋久島とは別の島で植林して育てたのが屋久島地杉です。屋久杉と同じように、杉としては珍しく強度や耐久性の高い木材です。


アップにするとこの通り。存在感がすごい!
ランダムさを出すために色みで材料を選ぶ+木目を際立たせるように塗装屋さんにエイジング加工をしてもらいました(・∀・)b

もう少ししたらクロス工事が始まりますよ~。

鉄骨が搬入されました

階段の鉄骨部分が現場に入りましたよ~(・∀・)


これから階段を掛けて、踏板を固定していきます!
ちなみに↓は搬入前、塗装屋さんの加工場にて。


この鉄骨はクームと同じく七戸にある三輪鉄建さんで作ってもらったのですが、錆ないように油が塗ってあります。
このままだと塗料がうまくついてくれないので、まずは溶剤(シンナー)を塗って拭き取り作業!
その後鉄骨用の塗料を塗っていきます。

***

他の部分も大工さんの仕上げが始まっていますよ。


これは石膏ボードの角を丸めている所です。
壁の切れ目や建具がはめ込まれる場所など、手をついた時に違和感がないように配慮しているんですね(*‘ω‘ *)