PROJECT

コンパクトにととのう家

コンパクトにととのう家

十和田市

コンパクトにととのう家

クロス完了

ついこの前クロス工事が完了しました。




クロスと一緒に床の塩ビも施工完了です。
外から直接入れる水廻りもあるのですが、そこもクロス屋さんの技で仕上げてもらいましたよ(*‘∀‘)

現場のお掃除

現場ではクロス工事が始まります。
…と、その前に大工さんの工事が終わるとお掃除をしています。


↑はサッシの前のガラリに掃除機を掛けている所です。

大工さんの工事が終わっても塗装やクロス工事があるので、床の養生材は外しません。
でもそんな養生材の裏やつなぎ目に隠れている、石膏ボードや木を切ったりやすりを掛けた時の細か~い粉。その後の仕上げ工程で影響が出るので、大工さんの工事が終わると一旦掃除機掛けをします。

業者さんにお願いするクリーニングは仕上げ工事が終わってからですが、それまでに掃除する機会っていっぱいあるんですよ(・∀・)

ロフトへの階段

現在内部は大工さんの作業が大詰めです。

今回はクロスで仕上げず、お家の骨格をつくる構造材や、OSBという木のチップでできた合板を表に出した仕上げをする所があります。
いつもならクロスで隠れる部分ですし、なにより手に触れる部分もその材料を使っているので、もしかしたら大工さんはいつも以上に気をつかったかも…?(*'ω'*)



OSB合板を使った箇所の一つにロフトへの階段があります。


この階段傾斜がキツイ!と思われるかもしれませんが、実ははしごの傾斜とそう変わりません。
むしろアルミなどのパイプ式のはしごと違って、足がつく部分(踏板)の奥行があるので安定しています。はしごのスカスカ感が高さと相まって苦手、怖い…(>_<)という方には、こちらの方が良さそうです。

***

もう少ししたら塗装工事・クロス工事が始まりますよー。

ガラリの準備と造作下地

内部では石膏ボード張りの途中です。
まずは天井から張っていきます。


同時にフロア張りもしていくのですが、ちょっとその前に、床のガラリの加工をしておきます。


パッシブ換気は床下の基礎空間に取り込んだ空気を暖めて、床につけたガラリ(格子状に隙間が空いています)から暖かい空気を部屋の中に取り込む、という方法を取ります。
ガラリには専用部材を使うので、それを設置する場所を作っているんですね。フロア張りはその加工が済んでからとなります。

他にも造作に合わせて下地を取り付けるのでその準備をしたり、




設計兼現場監督と進捗の確認、加工の打合せをしましたよ(・∀・)
もう少し進んだら造作の色決めの打合せです!

断熱材を入れています

前回から引き続き、大工さんが作業を進めています。
外部はダブル断熱(付加断熱)の断熱材を入れ終わって、透湿防水シートを張ったところです。
透湿防水シート?という方はこの日誌を見てみてください。)


内部でも断熱入れが進んでいますよ(・∀・)
↓は勾配のある屋根に断熱材(グラスウール)を詰めた所です。


↓こちらは内側から見た壁です。同じように断熱材を入れますよ。


石膏ボードやフロア張りももうすぐです!