PROJECT

自然にとけこむ家

自然にとけこむ家

八戸市

自然にとけこむ家

隠れる部分

昨日は基礎屋さんがウッドデッキの束石を施工していました。


お家の南面と西面を長い距離ぐる~っと囲むようなデッキになるので、束石も結構入りました。
この上に土台を組んで屋久島地杉のデッキ材を敷きますよ。
(屋久島地杉は本州の杉よりもリラックス効果のある成分が多いそうです(*'ω'*) デッキで優雅に読書なんていかがでしょう? 集中して物語に引き込まれそう…!)

***

そういえば、この束石を入れる前になりますが、左官屋さんが基礎部分に保護材を塗っていました。



地面に隠れてしまう基礎部分ですが、ここも丁寧に塗ってもらいます。
実際には基礎の外側にEPS(発泡スチロール状の断熱材)が貼ってあり(写真の白い部分)、その上から保護材を塗っています。
完成すると見えなくなる所ではありますが、隠れる所こそ手を抜かずに作業してもらってます!

養生中です

先週末に基礎の打設が終わりました!


↑↓土間をキレイに均して、


基礎の立ち上がりの部分も、型枠についた生コンを落としつつ、天端(てんば:型枠の中に見える生コンの上面にあたる部分のことです)も均していきます。


建物だけでなく、使う道具もキレイに保ちながら工事を続けます!

工事が始まりました

工事が始まりました!


少し前には遣り方出しをしていましたが、今日はここまで進みましたよ~(*'▽')
写真は基礎の断熱材を施工している所です。


基礎土間の下にも断熱材を敷いて、地面との熱の移動をカットします。


お天気次第ですが、これから鉄筋組みやJIO(ジオと読みます。住宅かし保険の業務を行ってくれる第三者機関です)による鉄筋検査、生コンの打設などが待っています!