PROJECT

かぞくが集う家

かぞくが集う家

七戸町

かぞくが集う家

養生剥がしをしました

昨日はクリーニング前の養生剥がしをしてきました。
養生剥がしとは、作業中に床や壁の角の所を傷つけない・汚さないように取り付けていたクッション材やシート材を、大工さんが剥がしていく作業です。

クロス工事の段階で完成はほとんど見えていますが、この工程はプレゼントのラッピングを開けているような感じでワクワクなのです(*‘ω‘ *)!


↑前に紹介した、すのこの部分です。
階段だけでなく、この部分からも温められた1階の空気が上がってきます。


こちらはLDK。
連続開口と梁のある吹抜がよく広さ・高さを、空間の半分を天井が覆うことでほどよい落ち着きも感じさせます。


そしてLDKの奥、和室に隣あうように作られたこの造作、一番力が入った所かもしれません。こちらは建替え前にあったお店の看板を照明としてアレンジしてるんですよ~♪
想い出のある物が次のお家でも生き生きとしているのを見ると、なんだか嬉しくなっちゃいますね(*^▽^*)

クロス工事が終わりました

クロス工事が一段落つきました。
共通部分はシンプルに白のクロスで。吹抜と2階ホールが隣あう部分はこんな感じになりました。
この日は曇りのお天気でしたが、ハイサイドライト(高窓)から結構な量の光が入ってきていますね。


ちなみに、ハイサイドライトは外から見るとシェッドドーマーの部分にあります。
(※写真手前の雨どいがある壁は他の建物です)


反対側はこの通り。


この後は設備機器や照明の取付が続きます!

見えない手間暇

今日は羽目板張りもして、造作がひと段落しました。
設計兼現場監督曰く、すごく手間暇を掛けてるよ!とのことで、一部ご紹介しようと思います。

まずは、2Fの床格子。



格子の上からと下から、両方をよ~く見てみると、どこにも釘の跡が見当たりません!
実は下から支えている材が2段になっています。木の表情を大切にしたかったので、ギラリと主張の激しい釘の頭を隠しているんですよ(・∀・)b

***

次は写真右側の天井から伸びている柱、についている板!



アップするとこんな感じです。柱の周りに幅のある棚が乗っている感じです。
ちょっと見えにくいので、真上から見た図にすると↓の真ん中のようになっています。
(柱が既にあるので、その周りをよけるように作っていきました)


普通は材料は四角くカットするので、木口(こぐち)という木材の断面や、釘の跡が見えてしまう箇所がでてしまいます。ですがこのお家では、木口になる所を斜めに切って突き合わせることでキレイに見えるように作っています。
部材単位で見ると、こんなに複雑なパーツを組み合わせてるんですね…。
(例えば既製品としてホームセンターなどで売られているカラーボックスなんかは、この木口を隠すために小口テープという、木材プリントがされたシールを貼っています。これって年数が経つと剥がれたりするんですよね…。)

クームは下請けでなく、社員の大工さんでこういう造作をしていますが、図の一番下のような「ただの板にここまでする!?」ということをやっているワケです(*‘ω‘ *)9
(でもそんなにまじまじと見える所でもないから、なんでこんなに時間がかかるの?と思われることもしばしば…。大工さんはとっても頑張ってくれてます!)

***

これから塗装屋さんが入って仕上げ段階に進みます。
前のお家でとっておいた、とっておきの品もリメイクが完了して、ますます仕上がりが楽しみになってきましたね!

造作工事中です

内部は造作工事中です。
建て込み時は↓だったリビングが…


今はこうなりました!
大きな梁の養生材が取れて、木材の表情が見えると印象が変わりますね~。


この前は造作工事の打合せもしましたよ。さっそく大工さんが取り掛かっています(*^▽^*)


***

外壁も板金屋さんに頑張ってもらって、無事完了しました。


マニアックですが、窓周りの仕上げがいつもとはちょ~っと違います。
さりげない所ではありますが、北海道や秋田で意匠について勉強してきたのが出てきてますね!

天井の格子

今日は断熱業者さんが現場入りして、ロックウールの吹込み工事をしてくれました。



↑のように、屋根に格子状に組まれた区画にネットを張って、その中に断熱材のロックウールを吹き込みます。
施工の様子が見たい方はこちらの日誌や、ロックウールがどんなものか気になる方はこちらを見てみてください!)

***


こちらは前回の日誌でご紹介したシェッドドーマーの中の様子です。屋根裏みたいになってますね。
写真右上の丸い穴は、後ほどパッシブ換気の部材が取り付けられます。

さて、今は仮の合板が置かれて床のようになっている2階の天井ですが、ここの仕上がりは格子になる予定です。
こうすることで、床下から取り込んだ空気が1階床ガラリからお家の中を巡っていき、最後はこの格子の間を通ってパッシブ換気の排気口から外に出ていくようになっています。
+明り取りの役割もあります。ハイサイドから入った光が格子である程度抑えられて&白のクロスで反射して、やわらかくお部屋を明るくしてくれる寸法です(・∀・)b

まだまだ取付は後ですが、内部の工事はどんどん進んでいきますよ!