PROJECT

陽だまりの家

陽だまりの家

三沢市

陽だまりの家

レンガと煙突

換気塔にレンガがついてますます煙突っぽくなりました!
(以前の日誌で紹介した時から、ちょっと長くなってます)


外壁の塗り壁も仕上げ材まで塗り終わりましたよ。


白の塗り壁と南欧風の瓦とあいまって、南欧風の外観になってきましたね(*‘ω‘ *)

***

一方内部ではクロス貼りの下準備が始まりました。


内部にも塗り壁仕上げの所があるので、そこもクロスと同じようにパテ処理をしていきます。

塗り壁工事

外壁の塗り壁工事が始まりました。


外壁の塗り壁は結構手間がかかります。

まず、塗り壁下地用のサイディングを貼ってから、ベースコートという下地材を塗り、その上にメッシュと呼ばれるひび割れ防止の網を取付けます。メッシュが壁にしっかりくっつくように下地材でぬりぬり!
その後一旦しっかり乾燥させてから、プライマーという下地と仕上げ材とをくっつける材料をローラーと刷毛で塗っていきます。こちらも完全に乾燥してから次の作業に移ります。
最後は仕上げ材です。今回のお家は白い仕上げですが、色があるときは仕上げ材に着色剤も入れます。後は左官屋さんの腕の見せ所!つるっとした外壁にするもアリ、コテの跡をリズミカルにつけるもアリです(・∀・)9=3


↑はまず、メッシュを付けている所ですね。
白い塗り壁でも、下地材は灰色なのです!


全体に塗るとこんな感じです。仕上げ材まできてようやく白い色が登場しますよ。

手摺の造作

現場に行ったらちょうど大工さんが手摺の加工をしていました(*^▽^*)


手摺は鉄骨屋さんに頼んでアイアン製のものを作ってもらったり、無垢の既製品を使うこともあれば、一枚板の集成材などを切り出して作ることもあります。
このお家では、全部大工さんの手で加工した手摺になっていますよ(・∀・)


↑柱になる部分に溝が掘ってあるのが見えるでしょうか?最終的には、出来上がったのを組み立てていくわけです。
↓シャープさを残しつつ角の面取りをしていたり、スリムに見せるための加工をしていたり。1本1本大工さんが手作業で作ってるんですよ!


手摺の取付が完了したら、塗装屋さんが塗ってくれます。

***

お天気次第ですが、そろそろ塗り壁もスタートしそうです。仕上げで一気に変わってきますよ~!

造作中です

現場では大工さんが造作中です(*'ω'*)b
扉付き収納とニッチがセットになった箇所を進めていたり、お花を飾れそうなコーナーカウンターを作ったりしています。


ちょろっと見える仮の階段ですが、これから取付けますよー。


和室は下がり壁がついて、ふすま用の溝が掘られました。
扉が何枚かあるときは、全部閉めたときに扉の位置がぴったりそろうように、溝の長さを調整しています。(意外と閉めた気になっても反対側が空いてたりとかしますもんね(;^_^A )

アーチと造作

大きな開口に隣り合うウッドデッキには、小さな屋根がついています。そこの壁はアーチになっているのですが、外壁の下地は↓のように細かい材を並べていきます。
(ピザ窯のレンガを思い起こさせる並びに見えるかも…!?)


***

内部では大工さんが造作工事中です。


残りのフロアも貼り終え、1階の和室の枠付けなども行いました。
オリジナル襖(ふすま)の大きさに合わせて、壁や溝などを掘った枠を取付けてあげます。


先週末はお施主様と現場で追加造作の打合せもしてきましたよ(*'▽')
どんな仕上がりになるか楽しみです♪