PROJECT

一体感を楽しむ家

一体感を楽しむ家

三沢市

一体感を楽しむ家
  • 完成見学会開催予定

見学会INFO

既存水道管撤去

工事が始まりました!

パイル工事や床掘を始める前に、まずは既存水道管の撤去からです。
ここは以前、敷地の奥に建物があり、そこへ繋がる水道管が今お家を建てる所を通っています。
もう使わない配管なので撤去しちゃいます。



***

もし予定している建物の下に配管類が通っていて、まだその配管を利用している方がいる場合は、基本的に配管を移設します。
この場合、既存配管を利用している方と相談したり、追加費用が掛かることもあり得ます…(´ ・ω・` )
また、逆バージョンの自分のお家の配管がお隣さん地を通っていた!という場合は、移設お願いできませんか?と言われる立場になります。

このような問題はけっこう複雑で、費用が掛かるかどうかはケースバイケースです(; ・` д・´ )
(他に引けそうな公道に近いかどうかだったり。市町村によっても補助があったと思ったら、条件があったり。私道の場合はもっと条件が複雑だったり…)

土地を買う時、気を付けなければならないことの1つです!
クームではお施主様といっしょに土地を探したりと土地のサポートもしていますが、もし土地を買ってから工務店さんを探そうと思っている方がいらっしゃったら、不動産屋さんからの説明や備考までしっかり確認してくださいね!

同じように、土地を分筆※して売る場合も分け方に注意してくださいね。配管が自分の区画内に収まるようにしましょう。
(※:1区画の土地を分割して登記すること。これによって、例えば元が1つの大きな土地に住んでいても、自分のお家がない区画を売ることができるようになります。)

地鎮祭

地鎮祭当日はとっても良い天気!
お施主様、施工業者さんと一緒に地鎮祭を執り行いました。

地鎮祭って、儀式だと思うと緊張するし、そもそもどうやってやるのかわからない…(´ ・ω・` )という方がほとんどだと思います。
でも大丈夫! 式が始まる前やその都度、宮司さんが教えてくれますよ。

礼の他にお施主さんが主に動くのは、地鎮の儀と玉串奉奠(たまぐしほうでん)の時です。


お施主様のお子様も参加してもらいました。
玉串(榊などの枝を用います)をお供えしたら、お母さんの動きを見て、いっしょに柏手(かしわで)をぱんぱん。
微笑ましいです(*´ ω` *)


最後はみんなで記念撮影撮影。
工事は5月下旬から始まります!

地縄張りをしました

本日は地鎮祭です!…と、その前に、先週は地縄張りを行いました。

地縄張りって聞きなれない言葉ですが、工事開始の一番初め(やり方の更に前!)に地面に紐を張る作業のことです。クームでは地鎮祭の前に準備しておきます。
この作業では、これからお家を建てる場所を紐で表して、角には杭を打ちますよ。

設計図には、敷地から縦横〇mの所に建物の角が来るかが書いてあります。
その情報を使って建物を角の位置を決め、それから紐を張っていきます。

紐を張る度に長さがあっているかチェック!

建物の角には木の杭をハンマーで打ち込みます!

地縄を張った後見てみると、あれ?なんだかお家が小さくない…?(´・ω・`)と思えるのですが、これが基礎を作った後だと大きく見えるんです!
建て込みが始まると更に大きく見えますよ♪