PROJECT

中庭に集う家

中庭に集う家

青森市

中庭に集う家

融雪ヒーター工事

現場では外構工事が進んでいます。
車庫やカーポートの前など、いつもはコンクリートでキレイに均してあげるのですが、今回は融雪ヒーターをいれました!


細いチューブがびっしり!土間を暖めて雪をとかします(` ・ω・´ )b


チューブの上にコンクリートを流し込んだら、後はいつも通りならしていきます。


コンクリートが固まればこの通り!

***

お家の設計をするときって、お家だけじゃなく、廻りに与える影響なども考慮する必要があります。
例えばよく聞くのが北側斜線ですが(お隣さんが真っ暗になっちゃうほど、日の光を遮りすぎちゃダメ(≧◇≦)乂お家の高さと角度を制限するよ!という内容です)、雪国では雪捨て場も考慮しなければなりません。
八戸方面ではあまり見ない融雪ヒーターですが、積雪量がすごい青森市らしい設備ですね。
こういう解決法もあるよーという一例になりましたでしょうか?

テラスとストーン

外部仕上げもだいぶ進みました。

↓は真っ白い塗り壁とストーンの貼られた玄関周りです。

切り出したような凹凸のあるストーンです。落ち着いた雰囲気に見えますね。


裏側は大きな開口がついています。

↑の写真で、ガレージと住居スペースにはさまれた角にはテラスができます。
ちょうど写真を撮りに行ったときは、配筋をしていました!
残るは外構ですが、図面に新しい変更箇所を反映させている所なので、もうちょっと時間がかかりそうです。もうしばらくお待ちくださいね♪

塗り壁

最近クームでは塗り壁が流行ってます。このお家も汚れがするんっと落ちる塗り壁を使いますよー!

まずは、塗り壁の下地になる外壁(うす黄色)の上に、塗り壁用の下地材(黒っぽい灰色)を塗ります。

次にメッシュ(黄色)をペタリと貼ったら、

また下地材でメッシュが完全に隠れるまで塗り塗り!

ここまで来ると、お家の見た目は黒っぽくなります。

この後には、中塗り材と仕上げ材を更に塗ります。
最終的には白の外壁になるのですが、その途中が黒ってなんだか不思議ですね(・∀・)!

そうそう、この塗り壁を施工するときの音、「ジャッジャッ」というか「ジュィージュィー」というか…、じゃりじゃり・ザラザラした泥を力強くこする感じなんです。(なかなか言葉で表現するのは難しい!)
普段の生活ではなかなか聞かないタイプの音です。

このお家はコテの跡を付けないツルツル仕上げなのですが、あえてコテの跡をデザインとする仕上げなら、この音がもっとリズミカルに聞こえるかもしれませんね(*‘ω‘ *)♪

***
もうちょっとで塗り壁が終わるので、そうしたら玄関周りのストーン貼りに進みます!

造作がいっぱい!

内部ではクロス工事と、外部では塗り壁の下地処理が始まっています。
昨日は大工さんが入って、材料の到着待ちをしていた造作を仕上げましたよ(・∀・)b

さて、このお家は造作がいっぱいです!

キッチンやリビング周りだけでなく、家事室のカウンターやアイロン台だったり、

タイル貼りの洗面台があります!



タイル貼り…とくれば、キラキラ光るモザイクタイルの水廻りですよね!(*‘ω‘ *)

クームで今までに作った洗面の例では、例えばこのお家はブルーのモザイクタイルを使って、地中海の青をイメージした造作を作りました。


今回は使うのは石のような質感を持つタイルです。落ち着いた上品な雰囲気になりますよ♪
毎日使う場所に気分が上がるようなスタイル・仕掛けがあると、一日の良いスタートがきれそうです。
一点ものが好き!という方もぜひ、オリジナル造作を検討してみてくださいね(*^▽^*)

ワイングラスモチーフの造作

造作も大分仕上がりました!
前回お伝えしたキッチン&ダイニングに、棚やカウンターができましたよ♪


↓この部分にはワインセラーが入る予定です。
寸法ぴったりに仕上げてます。持ち込む物に合わせて調整できるのも造作ならではですね!


↓何気なーく馴染んでますが、このカウンターを支えている曲線の部分、大工さんのこだわりだそうです(・∀・)


なんでもワイングラスをモチーフにしたとか。
言われてみれば、スパークリングワイン用の細長いグラスを逆さまにした形になってる…!(*゚◇゚*)

***

造作も落ち着いたので、そろそろ仕上げ工程に入ります。
クロスが張られたり、塗装されると雰囲気ががらっと変わりますよー!
わくわくどきどきの瞬間です(*^▽^*)