PROJECT

ダイニングから始まる家

ダイニングから始まる家

六ヶ所村

ダイニングから始まる家

気密測定してました

この現場ではちょっとお久しぶりです!

先週の土曜日から完全予約制の内覧会を開催しておりますが、皆様パッシブ換気・暖房の良さを体感していただけたようで、作り手として、とっても嬉しいです。
※ただ、予約の時期は終わってしまったので、追加のご予約は受け付けできないのです…。申し訳ございません(´ ;д;` )

***

前回、床下の給気口を日誌で紹介しましたが、実はその設備を活かすも殺すも、お家本体の「気密」にかかっているのです。

まず前提条件として、パッシブ換気は隙間風だらけのお家では採用できません。
気密が取れていないスカスカのお家は、床下で空気を温めても、暖かい空気が天井まで登ることなくあちこちの隙間から逃げていきます。こんな状態では、家の中にいても暖かくありません…。

これが気密がしっかりとれた家だと、空気の出入口は、換気のために開けた給排気口だけになります。
給気口近くで空気を温め、排気口だけで空気を外に出す。たったこれだけで、単純だけど計画された空気の流れを作ることができるんです。

***

…気密が大事なのはわかったけど、じゃあ実際どれくらいの性能だといいの?と言うと、
パッシブ換気のお家、は気密が0.5c㎡/㎡※以下のお家で採用してね!という基準があります。

このお家では、測定結果が0.1c㎡/㎡でした! これはとってもいい性能です(*^▽^*)
↓こんな風に、窓にメガホンのような機械を取り付けて測定してるんですよ。



この気密を表す数値を、隙間相当面積、C値(シーち)と言います。家中の隙間の面積をお家の延べ床面積で割ったものです。

イメージとしては、床が1m四方で、高さが天井位(2mちょっと)の箱があるとして、C値が1c㎡/㎡だと、1cm角の穴がどこかに空いてるということです。
家としてみると、実際には穴がぽっかりと空いているのではなく、材と材のつなぎ目やサッシの隙間など、細い隙間が集まって集まって、合計1c㎡になります。

ちょっと昔の省エネ基準になりますが、北海道や東北地方ではC値2が最低限確保するべきラインでした。(評価方法が変わったせいか、今は省エネ基準自体にC値の項目がなくなっていますが…。)

C値0.5で高気密と言われる住宅界隈ですが、このお家は0.1なので、超高気密と言って良いですね(・∀・)b

床下の秘密

現場監督さんが床下に潜って撮影してきてくれましたΣ(・ω・ノ)ノ
せっかくの機会なので、今回はパッシブ換気の「給気」を調整してくれる、床下のスゴイアイテムをご紹介します!

まず先に、パッシブ換気の説明を軽くしますと、
1:床下から外の新鮮な冷たい空気を取り入れる
2:取り入れた空気を温める
3:温まった空気は軽くなり、フロアに開けられたスリットから居住スペースへ上っていく
4:温かい空気は周りの空気を巻き込みながら家の高い所へ
5:家の一番高い所にある排気用のスリットから、空気が外へ排出される

という流れで、空気が家の下から上へ流れていきます。
これだけだと無駄に暖かさが逃げていくお家になってしまうので、実際は給気と排気を「必要な時に最適な量」に調整する装置を取り付けます。
(そしてこの装置は電気いらず・シンプルな仕組みなので、停電も関係ないしお掃除もとってもラクチン♪)

今回お伝えする床下にあるアイテムは、一番初めの空気の取り入れ口、給気量を調整するものです。

これがパッシブ換気・暖房のお家の床下です!

下にある黒いのが温水パネルヒーター、上にある丸いのが「サーモフレッシュ」というキーアイテムです(・∀・)

これを横から見ると、サーモフレッシュの先は微妙に隙間が空いています。

この隙間、外から入ってくる空気の温度により、開き具合が変化します!
この働きのおかげで寒い冬でも、換気量がムダに多すぎるということにならないんですよ。

※もしこの隙間がもっと大きくて、調整できなかったら…?
暖かい時期はともかく、冬にまで冷たい空気がたくさん入ってきたら床下が極寒の地になってしまいます。それに暖房もフル稼働しちゃいますよね!
空気の入り口が狭くなってるのに換気量はちゃんと確保できてるの?と心配になるかもしれませんが、温度差(正確には圧力差)があると空気はより早く流れるので、十分な量が確保できてますよ(*'ω'*)

クリーニング検査に行ってきました

先日内覧会の下見も兼ねて、スタッフ数名で1回目のクリーニング検査に行ってきました!

前に日誌に書いた、ナゾのステンレス板はここに使われていましたよ(・∀・)v

リビングの間接照明の幕板+反射板の役目をしています。

この濃い色の木のような部分ですが、消臭・調湿効果で人気のエコカラットを貼っています。

***

タイルを壁に貼っていた洗面台はこうなりました♪
シンプルなカウンターと半埋め込み型の洗面ボウルがポイント。

ここで見上げると…

天窓があります~ヾ(*´ ∀` *)ノ!
これでお家の真ん中でも光が入ってきますね♪

***

これからカーテンやブラインドを付けるので、もっとステキに印象が変わりそうですね(*'ω'*)

仕上げ工事は続きます

2月の中旬から後半にかけての内覧会に向けて、仕上げ工事の真っ最中です!

前回お伝え出来なかったクロスの部分を、ちょっとだけ。
↓の写真は和室の壁紙です。落ち着く優しい色ですね。



キッチンにもカップボードがつきましたよ♪
ここのタイルはサブウェイタイル!目地を目立たせない、優しい&つやりとした感じの仕上がりです。



外にまわってみたら、軒からものすごく張り出た雪が((((' Д ' ;))))


八戸方面ならこんなに積もらないかもですが、今現場のある六ヶ所や東北町、七戸なんかは積った時は山のようになっていました。
こういうのを見ると、窓や外壁を壊さないように勾配のある屋根なら軒は出しておいた方が良いな!と感じますね。

リッチなタイル♪

お久しぶりです!(・ω・)ノ冬休みを挟んだので結構間が空きましたね。

現場では仕上げ工事中もどんどん進み、もうクロス工事が終わりましたよ~♪
今回はちょっと前の写真ですが、タイルの部分をご紹介します。

↓普段は玄関やポーチなどに使う、石を模したタイルを壁に貼っています。

↓は洗面台+鏡を取り付ける前の写真です。

この部分のタイルは横長になっていて、正方形と比べると結構印象が変わりますね(` ・ω・´ )


リビングのブリック系のタイル(例えばこのお家)や、キッチンのサブウェイタイル(このお家とか!)などは、人気のタイルの使い方ですが、荒々しい模様の石を模したタイルも高級感がありますよ~!

このお家のキッチン周りや、

このお家のリビングの壁面でも使われていますよ。
間接照明もあって、とってもリッチ♥

完成したらどう見えるのか楽しみです~!