PROJECT

ダイニングから始まる家

ダイニングから始まる家

六ヶ所村

ダイニングから始まる家

工事が始まりました

土留めを作ったらお家の基礎工事の開始です。


基礎を作る場所をショベルカーでどんどん掘ります。(床掘、とこぼりと言います)
その後、本格的に基礎を作るために地面コンクリートで均す、捨てコンをします。


この写真は捨てコンも終わって、その上に断熱材のEPS(蟻が食害しないように処理された白い発泡スチロール)と防湿フィルムを張っている所です。
地面から湿気が上がってくるので、防湿フィルムで防ぎます。

コンクリートだけでも湿気は防げるんじゃないの(・ω・`)?と思うかもしれませんが、意外とコンクリートは湿気を通します…!
布基礎の場合ですが、土間のコンクリートは60mm以上だと大丈夫だとされています(住宅金融支援機構の仕様の1つです。)
クームでは、150mmのコンクリート+防湿フィルムを使っているのでご安心ください~(*^ ^*)

さて、この後は土間の部分や基礎の立ち上がりを作っていきますよー!


***余談***

※住宅金融支援機構とは?

住宅ローンのフラット35で有名です。
旧名は住宅金融公庫、今でも公庫と言われる場合が多いかもしれません。
この団体はフラット35という、35年間ずっと固定金利のローンを扱っていますが、そのローンを受けるためにはお家の仕様に制限があります。
「安全で価値のある住宅にしかお金を貸しませんよ。最低限この仕様は守ってくださいね」ということで、日本の住宅仕様のバイブルを作っている団体とも言えます。

最近は色々と法令も改正されそうなので、建築士は日々勉強なのです!(` ・ω・´ )

着工前打ち合わせ

昨日業者さんを交えた着工前の打ち合わせがありました。
今回は各業者さんから7名来ていただきました。
打ち合わせは通称カタログ部屋↓(2Fの打ち合わせスペース)で行います。


この打ち合わせでは、工事が始まる前にあらかじめ注意事項を伝えます。
駐車場は現場と離れていますよとか、この日までに○○したいので工期はあるけど××の作業は先にしてねとか、いつもと違う施工になるから図面の指示をよく見てね、とか色々あります。

***

さて、クームだと契約から実際の着工までは約1か月ちょっとかかります。
(基礎屋さんがお仕事いっぱいで手を付けられない(>_<)という場合や、途中で設計が変わり計算し直しになったり、土地の分筆などで時間がかかっている場合は、もっと期間が空きます)

契約後に初めて施工図(実際に使う木材の種別・配置、基礎に開ける配管用の穴や床を支える束(つか)などが書いてあります)の作成、建築確認申請※の準備が始まります。

***
※建築確認申請ってなに?
たいてい確認申請と略します。この確認申請というのは、「この場所にお家を建てたいです。申請書・図面や計算書はコレ、各法律や条件をクリアするように設計したので、お家を建てても良いか確認をお願いします!」と、各行政庁か民間の建築確認検査機関に審査依頼することです。
この申請が許可されて、確認済証が発行されないとお家を建てることはできません。
※お家を建てる地域によっては、確認申請が不要な地域もあります。その場合は建築工事届だけを役場に提出します。
***

この施工図の作成に結構時間がかかるんです。
構造設計を専門にやっている建築士さんに構造図や計算書の作成をお願いしているのですが、1回できあがったら現場監督や設計者がチェックをします。そして修正箇所を伝えて、もう一度作ってもらって完成です(あくまでも、すんなりいった場合…(´ ω` ))。
この依頼先の建築士さんも、一度に複数の案件を抱えているので、一日二日では完成しないのです!

クームは企画住宅は扱わないので、同じ間取りは1件もありません。毎回違う施工図を作ります。
大変だけど、勉強にもなるし、発見もあるみたいですよ。

***

工事は8月中に仮設工事をして、9月に入ったら土留めからスタートします!

地鎮祭

本日は地鎮祭がありました(^^)/

このお家は六ヶ所村に建つ平屋になります。
設計も大分慣れてきた、300mm断熱のパッシブ換気・暖房仕様ですよ~(・∀・)v


地鎮祭はそうそう参加できるものでもないですし、厳かな儀式となると、やはりちょっと緊張しちゃいますよね('ω';)
今回写真撮影をお願いしたのは、新人現場監督さん! なんとなく緊張が写真に出てるかも…?
でも記念撮影はばっちり決めてくれましたね♪


経験を積むため&いろんな視点でチェックするために、現場には担当の監督だけでなく、多数スタッフが行きますよー!

***

工事はお盆明けからとなります。
六ヶ所はちょっと遠いですが、工事はもちろん、この建築日誌もいい場面をご紹介できるよう頑張ります!