PROJECT

陽だまりの中で家族が集う家

陽だまりの中で家族が集う家

東北町

陽だまりの中で家族が集う家

クロス工事中

内部は造作と塗装がひと段落して、クロス工事に入りました!
ビスの跡や石膏ボードの段差をパテ処理でキレイに均し終わり、今はクロスを貼っている最中です。



もう少ししたらクロス検査ができそうです(` ・ω・´ )
その後建具や照明器具・設備機器の取り付け、クリーニングと続きます。
お引き渡しも、もうそろそろですよー!

基礎を保護します

外は足場も取れて、左官屋さんが基礎に化粧仕上げをしています。

通常はモルタルを塗るのですが、ひび割れがしやすいんです。表面だけに細かーいひび割れだとしても、地震の後はちょっと心配になっちゃいますよね(´ ・ω・` )

クームでは膨張・剥がれが少なく、雨水をシャットアウトする仕上げ材を使っています。
最近は光触媒や親水コート機能でキレイが続く外壁が出ていますが、お家は基礎もキレイにしておきたいですよね!


塗り壁と同じように、下塗りをして、メッシュ(ひびが入らないように、下地の役割をしてくれます)を貼り付け、その上から仕上げ材をコテで塗っています。

※ちなみに!
外側から見た基礎の表面(化粧仕上げ材の下)は、コンクリートではなくEPSという断熱材です。
EPSは言わば発泡スチロールなのですが、ガーデニングや雪かきの時はお気を付けください!
発泡スチロールがへこんだりぽろぽろ取れるように、スコップがぐさっと刺さると、えぐれてしまいます(>_<;)
補修はできますが、部分補修だと色合いが微妙になったり、化粧仕上げのやり直しになってしまいますので!

クームでつくるお家は、基礎に床下の換気用のスリットがありません。なので、床下に空気を通さなきゃ!と基礎の表面まで無理に雪かきする必要はありませんよ!
外壁が始まる所のちょっと下に隙間があれば、雪があってもOKです(*'ω'*)

***

内部では手摺の位置決めをしていました。
石膏ボードに当たりのラインを書いていきます。


造作ももう少しで終わりです。この後は塗装屋さんが入ります!

造作工事が始まります

内部は石膏ボード張りが終わり、造作工事が始まります~!(*^▽^*)


カウンターや収納用の棚を取り付けていきますよ。


他にも、階段や建具の枠、階段なども付けていきます。

目立たない所ですけど、巾木(はばき)もここで取り付けますよ。(床と壁の境目にある細長い部材です。大きさや材質はお家のデザインや流行りがあったりで色々あります)
皆さんも経験があると思うのですが、掃除機のヘッド、結構壁にぶつけちゃいますよね…(;・∀・)
そんなときに、壁が傷だらけになるのを巾木が守ってくれます。

意外と目に入るんだけど、意識していない、という所をキレイに施工するために、大工さんって結構気を使ってるんですよー(` ・ω・´ )

断熱・気密は丁寧に!

外壁張りが完了しました。


外部の工事の間も、内部では平行して断熱と気密の工事していました。
断熱材を詰めたら、気密シートで家中をくるんでいきます。
正確に材料を切ったり・組んだりする他にも、このシートをきっちり貼ることが高気密のお家には必要不可欠です!(` ・ω・´ )b


コンセントボックスも隙間から風が入ってこないように、テープで塞ぎます。


完成後は見えなくなってしまう部分ですが、丁寧に施工していますよ!

屋根の合板張り

クレーンを使っての建て込みはひと段落しましたが、断熱材を入れる前にもう雪が降ってしまいました…!
外での作業はやっぱり寒いです(>_<)


屋根の合板張り(この合板を野地板:のじいた、と言います)をしていたのですが、雪や雨で濡れないようにブルーシートで養生しながらの作業となります。




野地板をカットしつつ、どんどん留め付けていきます。
これが屋根の仕上げ材の下地になります。

最終的に仕上げの板金で屋根をふくと、この通り!


この後、内部では断熱入れや気密シート張りが始まります。