PROJECT

やすらぎを感じる家

やすらぎを感じる家

八戸市

やすらぎを感じる家

組み立てる造作

少し前ですが、石膏ボード張りが終わった後、大工さんが造作収納・家具の加工や取り付けをしていました。
↓はテレビボードを組み立てて、扉の動きを確認している所。

TVボードの組み立て
クームでは造作に赤松という樹種をよく使っているのですが、おうちのテイストや他の造作との兼ね合いで、他の樹種を選ぶこともあります。
こういう時、流通している規格寸法の一枚板を買うと、端材が出て使い道がなくなってしまう…なんてことが起きます。(ほかの場所に使うにしても、樹種や板としての構造で、それぞれに向き不向きがあります)

ということで、こういう無駄を無くすために、造作セットとして既に用意された板材を使うことがあるんですね。
例えばこのTVボードは、国内最大手の木質建材メーカーさんが無垢の木をカットして作っています。
板材になって流通経路に乗り、それを現場でカットするよりも、最終的に出る端材の量も少ない。
ちょっとだけ環境に優しい気がしますね(*'ω'*)

石膏ボードの加工

外部では透湿防水シート張りと通気胴縁の取り付けが終わりました。
外壁が張られるのを待ちます。

あとは外壁を待つだけ。透湿防水シート張りと胴縁の取り付けが終わった様子
一方内部では、内側の壁に気密シートが張られて、石膏ボード張りに取り掛かるところです。

石膏ボードをカットして取付場所に形を合わせている
↑は石膏ボードを取り付け場所の形に合わせてカットしているところ。
石膏ボードのメジャーなサイズって、縦が182cm~273cmまであるのですが、壁には主に242cmのものを使います。

自分の身長よりもかなり大きいものを持って、壁にビス止めしていくのはなかなか大変な作業です(天井の場合は持ち上げますよ)。
しかも結構重い!
だから大工さんはみんな細マッチョなのです('ω')9

屋根と天井の間

壁だけでなく、天井組みもしていますよ~。
↓の写真の天井部分にご注目。


1階と2階の間には距離があり、この中を2階用の配管類(1階の時もあり)が通っています。

これが2階の天井になると、空間には断熱材が詰められ、床は屋根になるわけです。


↑白くてぽこぽこ穴が開いている材料が入っていますが、これは屋根の通気を確保する材料です。

たまごが入ってるあのパックをイメージしてください。ぽこぽこはたまごの形に合わせた出っ張りです。
出っ張りは意外と頑丈で、上からは屋根の合板、下からは断熱材に押されても、出っ張りはつぶれません。
そして出っ張り同士の間には隙間があるので、その中を屋根の空気が通っていくんですね。
家にはいろんな材料が使われているんです!

シートの役割

おうちの外部が透湿防水シートでカバーされました。
この後は外壁が待っていますが、胴縁と呼ばれる木材を留め付けて、その木材に外壁材を張っていきます。
おうちって、外から見える外壁はコートのようなもので、壁は服を何枚も着こんでいる状態なんですね。


↓こちらはおうちの中の断熱材です。


この後、内側の断熱材には、透湿防水シートではなく防湿気密シートを貼ってあげます。

内側が防湿気密シートなのは、おうちの外から湿気と風が入ってこないようにするため。
外側が透湿防水シートなのは、壁の中に雨が入ってこないように&壁の中の湿気を外に排出するため。
それぞれ役割が違うんですね。

素早い組み立て

雨の日を避けて、現場では素早く建て込みが行われていました!
↓は、基礎の上に土台を敷いた状態です。


ここからはすごいスピードで建物が姿を現します。
クームの加工場で事前に加工していた「壁」のパネルを、クレーンで釣り上げてどんどん組み上げていきます。


早いと1日2日でここまで来ちゃいます!


でもまだまだ油断はできません。
合板もですが、ふわふわの断熱材も雨に濡れないように、最優先で作業を進めます。


この断熱材を覆うように、透湿防水シート(タイベック、と書いてあるシート)が張られたところで、やっと外壁は一安心というところ。
引き続き大工さんの作業が続きます。