PROJECT

ONE ROOM

ONE ROOM

おいらせ町

ONE ROOM

クロス工事

クロス工事がサクサク進んで、もう終わりそうです!


作業スペースが広くとれたので、クロス屋さんも進めやすかったみたいです(*'ω'*)


外では足場が取れて、外観があらわになりました。
深い夜のような青の外壁を使っていますが、青空の広がる日は、とても明るく見えます。
ウッドデッキがこの後取り付けられる予定ですが、ここで過ごしたらとても気持ちよさそうです!

埋め込み家具

大工さんの造作工事も完了です。
今回は床が土間だったり、ちょっと変わったことをしていて、大工さんにもいい刺激になりました!


ところで↑の写真の右下側、長丸の穴が開いてますね。
↓アップで見るとこんな感じ。


↓反対側から見ると、向こう側とつながっているのがわかります。


実はこれ、お施主様のおうちで使っていたテレビボード。
置くタイプのテレビボードを、壁の中に組み込んだのです(*'ω'*)

据え置きタイプのテレビから壁掛けタイプに代わっても、録画機器はまだ大きいのもありますからね。
(横長のウーファーなんかを置くのにも大きいとありがたい!)

まだまだ現役のもの、思い出が詰まったものを、新しい形にして使ってあげるのも、自由な設計ならではです♪

外壁工事

まだ天気のよかった先週のことですが、外壁張りに取り掛かっていました。



白いシートと外壁の間に木が打ち付けられているのがわかりますか?


外壁を留め付ける下地&外壁と白いシート(透湿防水シート)の間に隙間を確保して空気が通るようにする、この木のことを通気胴縁(どうぶち)と言います。
わざわざ空気を通すのは、万が一外壁と透湿防水シートの間に雨が入り込んで濡れても、乾くようにするためです。

ジメジメしてるところって、放っておくとカビが生えちゃいますよね…(;ω;)
でも例えばお風呂場でも、ちゃんと換気=空気を流し続けて乾かしていれば、カビってそうそう生えませんよね!

(もし換気扇を回してもダメなお風呂だったら、換気扇のフィルターが詰まっていたり、お風呂の蓋開けっぱなし・換気で追いつかないほどず~っと濡れっぱなしだったり、お風呂場の断熱不足で結露が発生&壁や床が冷たいせいで水が蒸発しないせいかも!)

それと同じで、通気させることで万が一に備えているわけです。

石膏ボード張り中

内部の断熱材入れが終わって、石膏ボード張りに進んでいます。


↑木で枠を組んだスキップフロアになる部分も、↓のように!


そろそろ造作もやっていきますよ!

***

外は煙突の先端部が付きました(*^▽^*)


煙突の施工を順を追ってみていくと、あとからドッキングの作業があるのがわかりますね。
ストーブの設置はやっぱりまだまだ先ですが、煙突部をどうつなげるかも見どころになりそう!

煙突を抜けると

連休前は断熱入れ、明けからは石膏ボード張りが進んでいます。


↑こちらは屋根の断熱材が入る前。
↓格子状に組んだ屋根の下に断熱材(ロックウールと言います)を吹き込んでいきます。


↓格子の中が断熱材でいっぱいになったら、黄色の気密シートで覆います。


気密シートは、名前の通り家の気密を高めて、隙間風などが入ってくるのを防ぐ役割があります。
家じゅうをすっぽりと覆うことが重要で、切れ目・つなぎ目があるのはよくありません。

でも実際には、つなぎ目を作らない、なんてことは不可能。
このおうちでは、あらかじめ壁側のシートを長くカットしておいて、屋根側と繋げられるようにしています。
つなぎ目は専用のテープで、端から端まで気密シートを張り合わせます(*'ω'*)9

***

そういえば、貴重な煙突(の一歩手前)の写真が撮れましたよ!


↑この中を煙突の管が突き抜けていくのですが、周りは熱さに負けない素材でガードしてあります。


外では板金工事も進んでいて、煙突スペースをぐるりと囲うところまでいきました。
まだ先ですが、ストーブの据え付けが楽しみです~!