PROJECT

末広がりの家(八)

末広がりの家(八)

八戸市

末広がりの家(八)

外部の防水処理

ダブル断熱の外側の断熱入れまで終わり、透湿防水シートを張る所まできました。


↓大工さんが窓と透湿防水シートのつなぎ目に、防水用のテープを貼っています。


壁の間に空気を通す層(通気層)をつくる工法だと、この窓周りの防水処理はとっても大事です!
水の伝わり方・広がり方、重力の方向を考えると、テープを重ねる順番にも気を付けないといけません。

同じ設計・同じ物を使っても、それを施工する人が丁寧に作業してくれないと、設計した通りの性能にはならないんですね。
施工方法をちゃんと勉強してくれている社員の大工さんだから、安心して任せられます(*^▽^*)

建て方と配線打合せ

建て方の最中ではありますが、昨日は配線打合せを行いました!
↓はまだ床が出来上がる前の状態です。


雨を避けるように屋根を急ぎつつ、コの字全体の建て方を進めていきました。


まだサッシの取り付け前!


壁が全部出来上がっていないため、お施主様には寒い中、配線打合せに立会いいただきました(((*>ω<*)))


これから壁が出来上がって断熱入れが進めば、家の中は保温性能が増していきます。
まだまだ暖房工事は先なのでぽかぽかとはいきませんが、次回現場お打合せをするときは、こんなに寒い思いはさせませんので!

コの字の基礎

土留め工事の後、すぐに基礎工事が始まりました。


このおうちはL字型の家+オリジナルカーポートで、上から見るとコの字になっています。
↑のように1辺が短い所もありますが、大きな窓と間取りの工夫でむしろ広く感じるように設計されています。


先日は、鉄筋を組み、生コン打設に続いて、職人さんのコテ均しも行いましたよ~。


↑こんなふうに板に乗って、職人さんは隅々までコンクリートを均していってくれます。

基礎職人さんは家づくりに欠かせない重要なメンバーです。
現場で働く人達に尊敬と感謝の気持ちを持ちたいですね(*^▽^*)

敷地廻りから

敷地境界の土留めから工事スタートです。
まずは、土留めを立てるためのベースづくりから。


土留めを載せるための土台+鉄筋入れまでできたら、土留め立上り用の型枠を組みます。


この後は、型枠に生コンを流しこんで、目地を入れ、土を埋め戻して…という順番で進みます。
できあがった土留めは立上り部分の一部しか見えませんが、地面の下にはそこそこの深さで埋まっているんですよー。