PROJECT

隠れ家

隠れ家

十和田市

隠れ家

基礎の養生中

基礎工事は生コン打設後の養生中です。

↓は鉄筋を組んだ所。


この後、鉄筋が設計図通りに組み立てられているかチェックしてくれる、第三者機関のJIOさん(日本住宅保証検査機構)に確認をしてもらいました。


↓こちらは生コンを基礎の立ち上がりに流し込んだ後の様子。
コンクリートの中の気泡を抜くバイブレーター(細い棒を差し込んで、振動を与えます)を掛けたり、コテでキレイに均したりしています。


その後はブルーシートを掛けて養生です。


コンクリートは乾燥で固まるのではなく、水和反応という化学反応で固まります。
この化学反応は熱も出て結構熱くなるんですよ!
水和反応という名前の通りお水が必要ですが、他にも養生期間中の温度管理も大事です。
暑~い時期には水を撒くこともあるんですよ。

基礎工事の開始

住宅部分の基礎工事が始まります。


基礎の初めは床掘りから。
コンクリートを打つ部分を掘っていきます。


ここで土がたくさん出ますが、一部は埋戻し、一部は残土として処分します。
(敷地に余裕があって、外構工事で使う場合は敷地の隅にまとめて置くこともあります)
工事をする地域・状況によっては、この処分費も少しだけ高くなることも。

お家を作るって、現場での作業がメインイメージですが、実際は物の運搬が無ければ始まりません。
残土もそうだしコンクリートの調達も、近場で準備して運搬距離を短くできればいいのですが、なかなかそうもいかないことも。
こういうとき、業者さんとの繋がりというのも、大事になってくるんですね(` ・ω・´ )9

土留めからスタート

本体工事に先立ち、土留め工事が始まりました。
土留めができる部分に砕石敷きと鉄筋の配置が済んだら、まずは1回生コンクリートを流し込みます。


こうすることで、コンクリート打設した部分は平らになりますよね。


その後に、土留めの立ち上がり部分の型枠を設置します(この土留めはL字型をしています)。
平らになっているので、型枠もピッタリ載せられます。


もし型枠の下が凸凹だったら、この後生コンを流し込んだときに、隙間から流れ出してしまうんですね!
↓そしてこれが2度目の生コンを流し込んだ後です。


現在養生中ですが、型枠を外して埋戻しすれば土留めは完成です。
その後、お家の基礎工事が始まります!