PROJECT

シャ ト カク

シャ ト カク

十和田市

シャ ト カク

クリーニングに行ってきました

今日は内勤スタッフもいっしょに1回目のクリーニングに行ってきましたよ(*^▽^*)
ちょうど玄関ドアも工事用から完成用に交換されている所でした。


このおうちは見学会予定です。
おぉ~!と驚いてほしいので、内部の様子はまだちょっとだけ秘密です~。

その代わりと言ってはなんですが、個人的におっ!と思った所をご紹介します。
まずは↓の間接照明。


ここだけ切り取っても、?な所ですが、場所としてはリビングの大きな窓の上にあります。
間接照明を仕込む場所の大きさや天井との高さを計算しているので、光が大きく広がってとってもいい感じ!

そして↓は間仕切り壁の中に仕込んだ、天井を照らす間接照明です。


照明が天井や壁にないので、すっきり&空間が広く見えます。
この場所は洗面室と玄関ホールの境目にあります。

見学会に来場の際はぜひ上を見上げてみてくださいね!

仕上工事

内部はクロス工事が始まりました。

↓これは石膏ボードの繋ぎ目やビスの跡をパテで平らに均した状態です。


玄関ではタイルを貼るための準備をしていました。
黒い線がタイルを置くガイドになります。


真ん中に写っている青い道具はタイルカッターと言います。
これでタイルをカットして、ぴったりはまるようにするんですよ(*^▽^*)

ダイニングテーブルがつきました

前回お伝えしたダイニングキッチンですが、テーブルがつきましたよ~(*'ω'*)!


こうして見るととっても大きいですね。
材料はホワイトアッシュという木です。別名はアメリカタモとかアメリカトネリコと言います。
タモと聞くと野球のバットが思い浮かびますが、他にもギターに使われているそう!


大きなテーブル材だったので、木材メーカーさんで切り出しから溝の加工までしてもらいました。
大工さんが最終調整をして、ボルトや金物でテーブルを固定していきます。


ちなみに溝の部分はフタができます(・∀・)b
↑の写真に平らな小さな材がありますが、それをはめ込めるようになっているんですよ。

丸い穴が空いているのは、ダボという木でできた栓です。
施工のしやすさ、頑丈さ、仕上がりの綺麗さを考えて、いろんな加工の仕方があるんですね(*‘ω‘ *)

キッチンに梁

外部は外壁張りができるように準備を整えています。


内部は石膏ボード張りの途中です。


キッチン周りの造作も進んでいますよ!


この写真は、ダイニングキッチンのダイニングテーブル側から撮っていますが、左下手前にぐん!と突き出た部材がありますよね。
これはダイニングテーブルの支えになる構造材です。
ふつうテーブルには脚がつきますが、その脚がなくて済むように梁(はり)を作ったんですね(*^▽^*)b
大きなテーブルだけど軽やかに仕上がりそうで楽しみです!

断熱材施工中

現場では大工さんが断熱材入れをしています。


↓こちらは天井にネットを張っている所。
このあとこのネットの上に吹き込み式のロックウールという断熱材が入ります。


高断熱のお家はモフモフの断熱材で家全体を包まれています。
複雑な形のお家でも、屋根や壁の凸凹に沿って断熱材を入れていきますよ(・∀・)9