PROJECT

skip IN light

skip IN light

八戸市

skip IN light

断熱材を入れています

屋根と壁の合板も貼って、サッシの取付、断熱材入れが進んでいます。


ちょっと前まで現場の一角には、施工を待っている断熱材の山ができていました。


これはグラスウールというガラスでできた断熱材なのですが、これが袋の中にギュ~っと圧縮されて入っています。
実際に施工するときは袋から取り出して、ふかふかになったものを壁や天井に詰めていますよ(・∀・)b

ちなみに袋入りの断熱材を取り出しちゃダメ!と書いているお家作りの解説サイトもありますが、暖かい地方でメジャーな断熱材の施工方法の場合です。北日本では断熱材を袋から取り出して、袋の代わりになるシートを(気密シート)別途施工する方が多いんですよ。
全国区で放映するお家の番組だと、断熱材は袋入り前提で話が進むことがほとんどなので、工事現場を見てテレビと違う!と思われる方もいるかも……。少なくともクームではちゃんとシートを張っているのでご心配なく!



外ではダブル断熱(付加断熱)の施工も大詰めです。
お天気次第ですが、もう少ししたら中部の断熱材入れや石膏ボード張りなどへ進みます。

建て込み中!

今日は建て込みをしました!


↑は完成パースのちょうど隠れている、左奥の屋根から右側の壁を見ています。


あっと言う間に建っちゃいますよ~。



今年は冬なのに暖かくて、建て込みがとっても楽(*‘∀‘)
お正月が来る前にいける所までやりますよ!

生コン打設完了

基礎の生コンの打設が完了しました。


コンクリートを運んでくるミキサー車&ホースで生コンを送り出すポンプ車を使って、組んだ型枠の中に流し込んでいきます。


↑の写真の型枠と白いEPSに囲まれた所にコンクリートが入っているのがわかるでしょうか?
この見えている天辺の所を基礎天端(きそてんば)と言います。
ここは土台(基礎パッキンが間に挟まりますが)と接する部分なので、水平かつデコボコがなくなるようにセルフレベラーという専用のモルタルを流し込みます。


そして型枠が取れると、こんな風に基礎天端がキレイに均されたようになるワケです。

***

さて、来週から人数を掛けて建て込みが始まる予定です!
今年中にキリの良い所まで進めます(・∀・)9

基礎工事

土留めからしばらく間が空きましたが、基礎工事が始まりました!

まずは、基礎の下に断熱材(EPSという、発泡スチロールのような断熱材です)を敷いて、地面の中と基礎とで熱が伝わりにくくなるようにします。


その後は湿気が上がってこないように防湿シートを敷いて、その上に基礎の鉄筋を組んでいきます。


鉄筋を組んだらJIO(新築住宅かし保険の会社。お家がちゃんと設計通りに建てられているか、チェックしてくれる第三者機関です)の建築士さんの検査です。
OKが出たら次は生コン打ちへ進みます!

まずは土留めから

お家本体の工事に先立ち、敷地廻りの土留め工事を進めています。



昨日は掘削して鉄筋を組み、生コンを流すところまで。
これが終わればお家の基礎工事に取り掛かりますよ!