PROJECT

愛着がもてる家

愛着がもてる家

七戸町

愛着がもてる家

石膏ボード張り中です

どんどん工事が進んでいます。
前回から、まず壁のダブル断熱(付加断熱)入れをしました。


ふかふかの断熱材は、大工さんが隙間なく下地の中にぴっちり収めていきます。


内部も断熱材を入れて、その上から気密シートを張ります。気密層を家中覆うように作ることで、隙間のない家になるワケです。
もしここでどこかに隙間ができていたら、冬どこからか冷たい風が足元に…(´;ω;`)なんてことになりかねません。


気密シート張りが完了したら、フロアや石膏ボード張りに移ります。


この段階で外はこんな感じになりました。
大工さんはお天気を見ながら、中と外の工事を同時に進めていきます。


これから外壁の木製サイディング張りや造作が待っていますよ!

建て込みしました

先週建て込みが行われました。
平屋なのでサクサク進みましたよ!



前回の日誌で出てきた古材はここに設置することに。
リビングの上にどーん!と1本丸々使いました(*‘∀‘)


L字部分の大きな開口。ここの外には後からデッキができる予定です。


この前はコンセント位置の打合せもしたので、電気工事も進んでいきますよ~♪

古材をゲット

基礎工事が終わりました。↓の写真は工事途中の様子です。



***

今週はいよいよ建て込みとなりますが、今回のお家では、なんと古材を使います!( *´ 艸` )
古民家風のお家にしたいという要望に添えるように、外壁を木のサイディングにして経年変化でシルバーグレイになるようプランを提案しました。
ですが、それに更にグレードアップさせる素敵なアイテム古材が登場することに!

「古材があるよ(・∀・)」とある筋からのありがたい情報で、解体前のお家に行って大工さんと一緒に梁を運んできました。
その梁がこちら↓


表面と断面の色が違うのがわかりますね。
この梁が囲炉裏(いろり)の上でずっと使われてきたという証拠です。今では超レアな一品(・∀・)!
古民家が長持ちなのも、こんな風に材が燻されることで、防腐・防カビ・防虫効果が高まっているのも理由だそうです。

これから加工していきますが、どうなるか楽しみです。

基礎工事中です

基礎工事が始まりました。


↓砕石敷き・転圧を終えて、基礎の型枠を組むための準備をしている所です。


ここしばらく設備屋さんが大忙しで、基礎工程は少し長めの期間を見ています。
その間に自社の加工場では色々な準備が進んでいますよ!