PROJECT

集う家

集う家

八戸市

集う家

気密シートの重ね代

サッシが搬入されて、内部外部共に断熱材入れが始まっています。



さて、このぴらぴら写り込んでくる黄色いシートですが、気密シートと言います。
読んで字のごとく、お家を高気密に仕上げるために必須アイテムで、これでお家全体をすっぽり包むことで、スカスカ&隙間風とはおさらばの一品です。
(もちろん、ちゃんと施工しないとダメですよ。つなぎ目がないように繋げてあげる他、工事が始まる前に張る面やルートを考えて置く必要があります)


でも、なーんか半端に出てて見た目が…(-"-;)と思う方もいるかも?
けれどこの余分に見える部分、施工上必要なものなんです!

気密シート同士は隙間なく繋ぐことが重要なのですが、十分な重ね代を持たせることで、気密シート同士をテープで繋ぎやすくなります。他にも、合板などで押さえることができるので、気密をより確実なものにできるんですね。
石膏ボードが張られると見えなくなる所ですが、シート1枚についても余裕を持たせつつ性能を確保するための工夫があるんですよ(・∀・)

建込みから屋根まで

お待たせしました~!
建込みから屋根の施工までダイジェストでお伝えします。


↑1階の建て込みが終わり、↓2階床の合板を敷いている様子です。


↓骨組みが完成した、上棟した日の写真です。
お家の規模がわかる段階になると、見ててわくわくしてきますよね!(*^▽^*)


↓壁の合板を張りますよ。
作業しない2階は養生しつつ、1階では窓が入る所を切り取っていきます。


↓2階の開口も切り抜いて、並行して工事していた下屋の屋根材が貼られたところです。


内部は気密処理や断熱入れ、外部はダブル断熱(付加断熱)の下地組みと工事が続いていきます!

わら芝張り

今週から建て込みがスタートした現場ですが!今回はちょっと外構のことをお伝えします(*'ω'*)

先週は敷地の法面に、土が雨などで流れ出ていかないようにわら芝張りをしました。
法面(のりめん)とは、切土や盛土によって人工的に作られた斜面のことです。


地面の保護のために芝を張るのはよくあるのですが、傾斜がきついと芝が根付く前に流れてしまうこともあります。


そこで、地面を覆う+保水+保温効果のあるワラと一緒に施工してあげることで、芝が根付くのを助けてあげられるんですよ(*^▽^*)
ワラの下には芝の種と肥料が入っているのですが、芽が出るのはまだ先です。一面が緑になるのが楽しみ!

もうすぐ建て込み

基礎工事が終わって、昨日は外部給排水管の埋戻しまで完了しました。


離れてちょこんと出た基礎は、テラスで屋根を支える柱用です。
大きな屋根が1階を覆うのですが、テラスの所は壁が引っ込んでいるので、こうやって力が掛かる部分を作ってあげます。


違う方向から見ると、お家が長い!この方向には17mちょっともあります!

来週は基礎の周りに養生砕石を敷き込みます。(足場を組むので、その下に敷く砕石です)
もうすぐ建て込みですよ!

基礎工事中です

現場は基礎工事中です!

パイル工事を終えて、床掘り・砕石敷きを終えたのが下2つの写真です。



このお家は上下分離型の2世帯住宅です(簡単に言うと、平屋が重なっている感じです)。
1階だけで40坪を超えるので、パイルの本数も床掘りで出た土の量もとっても多い!


↑は基礎の土間の下に敷く断熱材(EPS)と防湿シートを施工して、鉄筋組をしている最中のです。
鉄筋組が終わると、今度は建物の外周からコンクリート用の型枠をセットしていきます。



設置が全部終わるにはもうちょっとかかりそうかな?
今週末には生コン打設まで進めたいです!