PROJECT

距離感を楽しむ家

距離感を楽しむ家

八戸市

距離感を楽しむ家
  • 完成見学会開催予定

見学会INFO

内部の塗装

少し前ですが、内部では塗装屋さんが仕上げ工事をしていました!


塗装するときは塗料がつかないように、シートで周りを養生してから塗ります。


鉄骨手摺も1本1本くるみます。
これからまだ材料が搬入されるので、保護のため梨やりんごが包まれているあの柔らかい緩衝材を巻いていますよ。


クロス工事もそろそろ終盤。仕上がったらまたご紹介しますね♪

塗り壁の断面

外部の塗り壁工事が進んでいます。

連休前には、塗り壁の下地材になる外壁(薄黄色)に、下塗りした所(右側の灰色)まででした。


その上にひび割れ防止用のメッシュ(黄色い網)を重ねて、これを埋め込むように更に下塗りをします。
↓はちょうど断面がわかる塗っている最中の写真!


これが壁一面になるとこうなります(左側)。


この後は、仕上げ材を壁にしっかりとくっ付けるための材料を塗って、最後に仕上げ材を塗っていきます。
塗り壁って、思った以上にステップを踏むのがわかりますね(・∀・)

***

中は大工さんの造作工事がラストスパート!


もう少ししたら木工事検査をして、塗装やクロス工事用に内部の足場組が始まりますよー!

次のステップへ

キッチンが取付られて、造作工事が始まりました。


大工さん同士でも、どこに何を取り付けるか、どう加工するか打合せをしますよ(・∀・)9
石膏ボードに取り付け位置の印をつけたり、設計が描いた図面とにらめっこ!


***

外部も塗り壁用の下地がスタンバイ完了です。


塗り壁なので、お天気に左右されますが進んでいきますよー!

石膏ボード張り

内部の断熱材入れと気密シートの処理が完了して、今は石膏ボードを貼っています。


石膏ボードは壁と天井に張るのですが、斜めになった勾配天井も一枚一枚こんな風に張っていきます。
1cmちょっとあるボードの位置を決めて、ビス打ちして固定するんですよ。


この後は現場でお施主様と一緒に造作の打合せをする予定です(*^▽^*)
石膏ボードが張られると壁になる所がはっきりわかるので、棚やカウンターがどんな風につくのかイメージしやすくなります。

工事開始前はここだけ作るつもりだったけどこっちにも欲しいな?とか、タイルや柄物のクロスと合わせるならシンプルな方がいいかな?などなど、色々と検討して大工さんに作ってもらいます。
このお家は立派なTVボードと鉄骨階段がコラボした、ステキなイメージパースがあるので(残念ながらお見せできるのはお施主様だけなのですが……!(>ω<))、今からどうなるかワクワクしています!

1Fと2Fの間

晴れの日はガンガン外部工事を進めるのですが、今日はあいにくのお天気。
久しぶりに中の大工工事となりました。

↓の格子状に組まれた木材は、1Fの天井下地になる所です。
この下地に石膏ボードを取り付けることで、私たちがよく見る天井となります。
(実際は仕上げにクロスや板を貼ったりします。なので石膏ボードはその一歩前の状態です)


石膏ボードが張られると隠れてしまう所ですが、この天井下地と2階の床合板の間には色々な配管が通っています。細くて白いのが暖房用のパイピングで、水色は給水管です。



こっちは2階の天井から2階床を見た所です。
手前と奥に伸びる太いパイプはエアコン用です。これは室外機から伸びていて、エアコンの本体につながりますよ。

完成すると分からなくなりますが、お家の見えない所に、大事なものが通っているんですね(・∀・)!