PROJECT

見渡す家

見渡す家

七戸町

見渡す家
  • 完成見学会開催予定

見学会INFO

テラスの屋根

少し前ですが、テラスの屋根の骨組みがつきましたよ~!
このテラス屋根は玄関ドアやLDKの全面を覆ってくれるので、幅はスリムですが、結構長ーい屋根になります。


さてこのお家、白くて段々に折り重なったようなデザインの外壁を使うので、西海岸のテイストを感じられるようになっています。

そして西海岸、テラス、屋根とくればカバードポーチ!(気になる方は検索検索♪)
お家の中に入る前に、ワンクッションおける半屋外の空間です。
屋根材もここは別の物を使うので、雰囲気が出ると思いますよ(*^▽^*)b

あっと言う間に断熱入れ

平屋なこともあって、あっと言う間に建て込み完了です。
あらかじめ加工場にて材料を加工していたこともあり、付加断熱の下地枠組みも高速で終わっちゃいましたね(;・∀・)



お施主様とコンセントの打合せも終わり、今は大工さんが断熱入れをしています。

このお家はダブル断熱(付加断熱)の外側部分をロックウールの吹込みではなく、グラスウールの手詰めで施工します。最近は外側は吹込みロックウールが多かったので、ちょっと久しぶりかも!
グラスウールの束ってマグロのサクに見えるな…と常々思っているのですが、職人技でおいしそうキレイに施工くれてますよ♪

建て込みが始まります

生コンを打設して、基礎内外部の配管類をつないで埋め戻したら、いよいよ建て込みです。


と、その前にまずは土台敷きから!


基礎の立ち上がり部分と鋼製束(こうせいづか)で木材を支えます。
(鋼製束や床のつくりを詳しく知りたい方はこちらも見てみてください♪)


この土台の上に床合板が張られますが、パッシブ換気・暖房で使う床下のパイピングはこんな風に取り付けられています。
ちょっとずつ配管の仕方も改良されてきて、2階の床下と同じように、上を通る木材に止め付ける形になっています。

土台敷きもひと段落したので、これからばんばん建て込みますよー(*'▽')9!

基礎の鉄筋組

基礎の鉄筋組みが終わりました。
JIOの検査員さんにもチェックしてもらって、OKももらいましたよ(*'▽')


基礎を貫通しているスリーブにはお水が入ってこないように、止水用のアイテムを取付けます。
これからコンクリートを打設するので、スリーブの入り口は塞いでおきます。


今週中には型枠を取付て生コン打設を行います!

床掘り開始

基礎工事が始まりました。
まずは基礎をつくる所をどんどん掘り進める、床掘り(とこぼり)からです。


床掘りの後は砕石を敷いて地面を均すのですが、その前に!


基礎を貫通して地中を通る配管類をセットします。
この配管類は基礎が出来上がってから、お家の中にある配管と接続されます。それまでは管の中にコンクリートや土などが入らないように入り口を塞いでおきますよ。

家って、地面から見えてる部分だけではなく、その周りの環境も含めて整えてあげる必要があります。
例えば上下水道は道路の下までは通っているけど、お家につなぐには道路から敷地の中をずーっと引っ張ってあげる必要があるとか。
表面からは見えないけど水位が高い土地だとか、少し高い位置にあるお隣さんから雨の日は水がどんどん流れ込んでくる場合は、水捌けをよくしたり流れる方向をコントロールする必要があるとか。

土地を買った時点ではわからないことも結構あるんですね…(´ ・ω・` )(たいてい土地を買ってから、地盤調査で土地の状態を調べるので)
お家を建てた後に周辺であった工事で環境が変わることもあるので、お家周りのことってなかなか難しいのです。