PROJECT

シンプルなデザインと音楽が楽しめる家

シンプルなデザインと音楽が楽しめる家

八戸市

シンプルなデザインと音楽が楽しめる家

キレイな土間ができました

基礎工事は始まってから完成まで、目まぐるしくお家の形が変わっていきますね~。
前回は床掘をしていましたが、先週の終わりにはもう土間を均していましたよ!


鉄筋を組んでJIOの検査を受けたら、もう次の日には生コン打設です。


職人さんがすい~っとコテで均してあげると、こんなにキレイな土間になりました(*'ω'*)!


ツルツルの跡を見ていると、もしかして基礎屋さんや左官屋さんって、ケーキのクリーム塗りとかも上手いんじゃないだろうか!(・∀・)と思えてきます!
腕に自信のある職人の皆様、もし試す機会がありましたら是非その結果を教えてください♪(●´ ω` ●)

基礎工事が始まりました

基礎工事が始まりました。
↓の写真の左奥に木の簡易な柵のようなものがあるのがわかるでしょうか?


拡大するとこうなってます。

この囲いは建物の正確な位置を指示するもので、やり方と言います。
後でこのやり方に糸が掛けられますが、その糸が基礎の芯※になります。
お家を建てるにあたり、初期段階のとっても大事な作業です!

※芯:たいていは厚みのある材の中心線で、設計や実際の施工での基準線になります。
ただ、例外もたくさんあります。例えばダブル断熱のお家で壁芯と言えば、分厚い壁の真ん中ではなく、お家の内側に偏っています。(ダブル断熱の場合、壁は構造体とプラスした断熱の壁の2重に分けられますが、あくまでも芯は構造体の真ん中を指してるんですね。)

***

やり方出しの後は、床掘(根切:ねぎりとも言います)です。
基礎ができる部分をどんどん掘っていきますよ!

敷地入り口を整えます

お家の本格的な工事の前に、敷地の舗装工事が始まりました。

地面を結構な深さで掘り起こします。

旗竿地の通路部分に、砕石を敷いてならしていきます。
(なんだかこの写真、キャタピラ車(=バックホー)がトコトコ進んでるみたいでカワイイ(*'ω'*)!)

お家の前まで、敷いていきますよ。

最終的にはアスファルトで仕上げる予定です。