PROJECT

スキップ&ピットのある明るい家

スキップ&ピットのある明るい家

十和田市

スキップ&ピットのある明るい家

ほかほかの土間

先週はコンクリートの養生が終わり、型枠の解体と基礎の天端を均したりしていました。
お家の本体の基礎がOKなら、今度は玄関前のポーチの生コン打設の準備が始まります。


玄関に入る前のステップになっているポーチは、お家本体とは分けて作られています。
玄関土間とポーチの土間の間には、EPSという発泡スチロールの断熱材で区切られています。

ポーチは通路になる所なので、表面を断熱材で覆うことができません(タイルで覆われてはいますが、断熱材にはならないんですね…)。そのため、ポーチのコンクリートは冬の間は冷たくなっています。
もしこのポーチがお家の中の土間と繋がっていたら、玄関から家の中に冷たさが伝わってくることに…!
そうならないように、玄関の土間との間に断熱材を挟んでいるんですよ(` ・ω・´ )b

***

さて、寒さの伝わってこない玄関土間には、更に暖房配管を通します。


土間に暖房配管を通すことで、ここでご紹介したように、玄関の床がぽかぽかになります。
冬は靴の先が雪で濡れて、足を入れるとしゃっこい(>_<)!ということがよくありますが、これならすぐに乾きそうですね♪

現在基礎の養生中

今週になってから猛吹雪が続いていますが、なんとかその前に基礎の生コン打設まで終われました~ε-(´ ∀` *)
ビニールシートをかけて年明けまで養生です!


↑はシートが土間に当たらないように、木材で柵を作っています。
↓風で飛ばないようにシートを地面に留めつけます。


***
前回日誌でお伝えしたあと、雪のない日に基礎屋さんが急ピッチで工事を進めてくれてました!




もちろんJIOの検査員さんにもチェックしてもらい、OKをもらってますよ(` ・ω・´ )b

***

この後は、年明けに暖房の配管をしてもらい、それからお家の壁になるパネルを作っていきます。
それを組み立てていく建て込みは、2月に入ってからになりそうです。

工事の始まり

今週の中頃から工事が始まりました!


測定して基礎の位置に目印を付けたら、土を掘削し始めます。
ショベルカーでどんどん土を取り除いていきますよ!


決められた深さまで掘り終えたら、砕石を敷きます。
お家の重さを支える所なので、しっかり転圧しておきます。

下の写真を見てみると、転圧が済んだところは石が比較的キレイに並んでいるように見えませんか?
転圧することで砕石同士の隙間がなくなり、ぎゅっと締め固められた状態になるんです。


この砕石の上に、防湿シートや基礎を作るための下準備の捨てコン、基礎の下を断熱するためのEPSなどが重ねられていきます。