PROJECT

悠々の家

悠々の家

十和田市

悠々の家

いつもとちょっと違うもの

クロス張りが終わり左官工事をしています。
↓は玄関のタイルです。


いつもはもうちょっとグレーのコンクリート調のタイルの採用が多いのですが、今回はもうちょっと明るくて砂岩のような模様のタイルを選んでいます。
目地の色が黒だと浮き出て見えますね!

そしてこちら↓は、換気設備。
熱交換はしますがシンプルな壁付けタイプです。


全国でダクトを家中に張り巡らせた全館空調が流行っていますが…

クームとして20年家づくりをしてわかったことは、こと換気に関してはいくら高性能な設備を選んでも
・掃除がしにくい
(脚立を使わないと届かない、換気の掃除の習慣がない場合何年も掃除がされないことも多い)
・設備の交換・更新ができない/大がかりなシステム
(そのシステムは使わなくなり、もっと簡便な設備に取り換える工事も多い!それに大がかりなものは隠されていて、そもそも認識されない結果メンテナンスはされません)
↑のような設備はマメにお掃除できる人以外、あまりオススメできないということです。

高性能な換気システムを使っていても、ホコリが溜まって空気がうまく流れないおうちもありました。そこから更に進んで、換気システムが結露してしまった、というのも何件かありました。

メンテナンスフリーか頻度が少なくても済むもの、シンプルな作り・取付け方法で壊れてもすぐに交換できるもの、大がかりで隠すくらいなら小さく目に見えるもの。
定期メンテナンスなどで伺ってお話していると、こういう物の方が多くの方にとって楽で住環境も良くなるのでは?と思えてくるのでした(*-ω-*)

ということで、ここ何年かは高性能な設備に頼った光熱費減なシステムではなく、長い目で見た時にトータルコスト・手間を抑えるシンプルなシステムの家を考えることが多くなっています。

いろんなビルダーさんの見学会に行く機会がある方は、性能だけではなく、面倒くさがらずにずっとメンテナンスできるか?という観点でも見てみてくださいね~。