PROJECT

開放感のある家

開放感のある家

三沢市

開放感のある家
  • 完成見学会開催予定

見学会INFO

吊り押入れはいかが?

和室は落ち着く空間ですよね。ゲストルームとしても、はだしでくつろげるスペースとしても使える、実は使い勝手の良いお部屋です。
クームで建てたお施主様も多くが和室・小上がりの和スペースを設けています♪

さて、その和室、ふすま・床の間・障子・畳といった和のアイテムであふれているのですが、最近はモダンで使いやすいデザインが多いのです!
障子紙も和紙でなくワーロンという穴が開かないものになっていたり、畳も縁がない正方形の琉球畳で、チェック柄に色を変えて並べてみたり、遊び心が刺激されるスペースでもあります。

今回ご紹介するのは、吊り押入れ。押入れがフロートタイプになっています。


こんな感じで、押入れの下が空いています。
押入れ自体は中段(底板が上がったとも言えますね)と、上の小さ目の棚が枕棚(まくらだな)になっています。

今回一番下は塩ビタイルを敷いています。このスペースは花瓶やお皿にお花を活けて飾るのにぴったりなのですが、塩ビならお水がこぼれてもすぐに拭き取れますね。
また、この低い位置に窓を設けることも多いですよ。(地面に近いから地窓と覚えましょう!)

吊り押入れの利点は、お布団などをきちんと収納しつつも、建具を浮かすように見せることで、和の空間を軽やかにできることです。


完成するとこんな感じに♪ う~ん、おしゃれです!(≧▽≦)