PROJECT

家族が集まる家

家族が集まる家

十和田市

家族が集まる家
  • 完成見学会開催予定

見学会INFO

引き続き外壁

現在外壁はこんな感じになってます。
うっすら外壁同士の線が見えますでしょうか?



えっ、こんな色なの…?と思わないでくださいね!
仕上げは塗り壁です!
蓮の葉っぱのように、水滴と一緒に汚れをつるんっと弾く効果のある塗り壁材を使いますよ(^^)

塗り壁の場合でも、外壁を貼って、その上に左官屋さんがぬりぬりして仕上げます。
内装の時は石膏ボードの上からでしたが、この外壁も黄色い石膏ボートみたいですね(・o・)

***


中は大工さんが造作中でした!
写真の作業は、角が手に当たって痛くないように、カウンターなどの面どりをしてますよ~。

外壁の下準備

外壁張りがそろそろ始まります!
最近は外壁を貼るための下地を施工していました。


透湿防水シート(タイベックと書いてあるシートです)の外側に、木材が打ち付けてあります。


これは胴縁(どうぶち)と言われ、外壁を止めつける部分になる他にも、外壁材との間に隙間を作って湿気を外に逃がす(これを外壁の通気工法と言います)のに必要不可欠な部品です。
外壁は「壁」に打ち付けられている、というイメージは皆さん持っているかと思いますが、その壁の中は色々な層に分かれていて、全面ただ板を貼っているだけじゃないんです!

この壁の中の構造を実寸大で見れるように、クームでは事務所や見学会の会場で、躯体(くたい)モデルを置いています。
断熱材の厚さにもバリエーションを持たせているので、300mm以上ってこんなに分厚いんだ!とわかりやすいですよ♪

***

さて、続いて窓の部分です。
クームではダブル断熱(付加断熱とも言います)の物件は、窓を外壁面よりも内側に付けるようにしています。こうすると、窓の部分が凹んでいるように見えます。
↓の写真は窓とその周りです。奥に見える板の幅分、窓が内側にあるんです。


なぜ、こういうつくりにしているのか?
…色々と理由がありますが、後のお楽しみということで(・∀・)v

特徴的なサッシたち♪

サッシがつきました!

外観のアクセントになる丸窓がありましたよ♪
工事用ドアが右に移っていますが、ここだけ見ると、ちょっと潜水艦チックですね(*'ω'*)


このお家には天窓もありますよ!


断熱入れも進んでいます。
ちょっと前はこんな感じだったのですが、

ここまで進みましたよー!


他の現場の進み具合もありますが、もう少しで造作に入れそうかな?

屋根をかけました!

インテリアの検討と同時に、現場では屋根がかけられていました。

内側から見ると、こうなっている屋根は…

こんな風に大工さんが屋根をかけてるんです!
た、高くて怖いです…(; ・`д・´) でも、大工さんはスイスイ作業をこなしてます。カッコイイです!



このお家には勾配天井があります。天井が斜めでお部屋の天井高さが変わるのですが、縦方向の広さを感じられて楽しいお部屋になるんですよ♪

屋根の角度や、勾配が始まる位置で印象も変わります。
例えば大屋根のこのお家の子供部屋部屋は、ちょうどお部屋の半分が勾配天井になっています。
こっちのお家は勾配天井同士の天辺が見えるようになっています。

高さが十分あるときはロフトにするのも良いですが、流れるような広がりを感じられる勾配天井も一つの魅力です。皆様もご自分のお家を計画されるときは、取り入れてみても面白いかもしれません(*'ω'*)!

クロス選びのこだわり

インテリアについて第2弾! インテリアコーディネーターNにインタビューしました♪


皆様、このクロスの組み合わせを見てどう思われます?
どれも植物柄(ボタニカル)のクロスです。


まとまりが無い!と思いませんでしたか?
線が太くてハッキリした柄や、ほわほわの綿毛をイメージさせるもの、ポップなパステル調など、同じ植物柄がテーマでも、こんなに違いがあります。

インテリアコーディネーターのN曰く、お客様へのクロス(壁紙)やカーテンの初回提案で気をつけているのは、「トーンをそろえること」だそうです。
お家のあちこちで上の写真のような、雰囲気が変わるクロスが出てきたらなんだか落ち着かないですよね。お部屋ごとに個性を出す場合でも、お家全体で見た時にゆるやかに雰囲気が繋がるものを選んでいます。


実際に柄物を使う時は、お部屋丸ごと使うと主張が強すぎるので、壁1面だけで他の面はシンプルな物を選んだり、ニッチ(壁を凹ませてできたディスプレイスペース)に使ったりします。
組み合わせるときも、柄物のクロスに入っている色に合わせて選んだり、まとまる配色にしたりと考えることがいっぱい! カーテンの組み合わせも一緒に考えるので、無限大の組み合わせから、コレだ!というのを選ぶのは毎回大変だそうです。

***

他にもNの信条は色々あります。

前回お話した、柄物クロスは2年で廃盤になるというのにも関連しますが、できるだけ「同じ柄のクロスは2度選ばない」とのこと。(例外は、○○さんのお家と同じクロスが良いな!と指定を受けた時や、まだまだ使える所がある場合、幅を狭くしてアクセントラインとして使うなど形を変えて使うと引立ちそうなときです。)
やはりオンリーワンのお家は、壁紙だってオンリーワンにしたいのです。
そして、今回選ばれなかったクロスは、次回このテイスト好きな方に提案しようリストにストックされていくのです(`・ω・´)

「自分がお客さんだったら?と考えて、自分が気に入らない物は提案しない。お客様のお家は実験場ではないのだから」とも言っていました。
お客様から「Nさんの家でもこれ選びます?」と聞かれることもあるそうですが、その時は自信をもって「選びます」と答えられるようにコーディネートしているそう。

とは言っても、人それぞれ好みというものがあります。ドンピシャでサクサク決まることもありますが、イケル!と思っても外すときもあります。
お客様はとっても好きそう…でも、自分が、となると他のを選んじゃうな…。という組み合わせがあるときは、次の案として準備することも。
もしNが迷っている時は、お客様からこれが良いです!とおっしゃってください!この方向で良いんだな、と確信をもって再セレクトできるそうですよ♪

「スランプのときは苦しいけれど、楽しく選んでいます。お客様もワクワクしながら選んでください!」とのこと。以上、Nへのインタビューでした!

***

どうでしたか?
2回に分けてのクロス編でしたが、これはインテリアコーディネーターのお仕事の一端です。
どこかでカーテン編もご紹介するのでお楽しみに!